2020年01月21日

意味無意味

型の選手から代表の武術へ転向した時、あまりの何もできないぶりに型のうまさを無意味だと感じたものだ。それは単なる己の無力さからの反抗だったのだと今はわかる。

代表は戦えるし、かつ型もうまい。そして型のうまさの判断基準が、人により全然違うのも当時はわからなかった。

代表の型のうまさは、誰が見てもすごさがわかるうまさ。威力や能力がわかるうまさ。(それが表に見えるうちはまだまだだ、とよく言いますが)

当時の私にあったのは、競技ルールに則ったうまさであり、いまは空体道の理に沿ったうまさが多少はある。

型のうまい下手には基準がたくさんあるから一概には言えないが、型をたくさんやってきたことで体に向き合う訓練は多少はできていた。だから動きの質を真似るのがそれなりにできるのかもと今は思う。

ヒステリックだった当時は色々なものに対して

意味がある!
無意味だ!

とレッテルを貼ってきた。でも今思えば全てのことに意味はあるし、かつ全てに意味はない。

判断する自体がナンセンスなのだな。

真理は人それぞれ。

それでいいのだあ〜\(^_^)/

と足振りしながら更衣室で書いています。
posted by ゆりか at 19:28| Comment(0) | 日記

ハリネズミポット

ある若夫婦へ、このポットと、おそろいのマグカップを贈りました。見てるだけでニヤニヤできるティーポットですね♪ヾ(●´∀`●)ノめんこい

1579573568786435546692.jpg
posted by ゆりか at 11:30| Comment(0) | 日記

2020年01月20日

過去の自分

仕事先駐車場にて、また昔の自由舞映像を見ていました。私の映像も混ざっており、四年前は別人の如しですね。でも今に繋がる悪くない動きをしています。固いしバラバラですけどね。四年前のわたし、今の私と組手したら数秒に一回投げられてるな( ̄ー ̄)そして今より精神的にも余裕がないので、組手のあと悔しくて泣いているなきっと笑

過去の自分と組手して、いつも完全制圧できるイメージしか浮かばない。スポーツの世界なら完全に引退している年齢ですが、空体道は年を重ねて伸び続けられる。有難いことです。

うし!レッスンです!
posted by ゆりか at 10:19| Comment(0) | 日記

動画紹介

先のブログ内容について、この動画の代表の力まない足は見えやすいんじゃないかなと。

https://youtu.be/k0qtSkc8LtQ


posted by ゆりか at 09:43| Comment(0) | 日記

点でなく面

仕事準備が早く終わったので、出発まで代表の映像を見ていました。そのあと自分の映像を見て、あることに気がつきました。

私の足はまだ畳とぶつかっている、と。着地の度に点で突き刺さるような感じがあります。代表は広い(実際の足の何倍も)面で柔らかく着地しているうえ、ベタッとしないのですぐ変化する。浮いているような接地です。

脱力で落ちているのに浮いている。

同じことが手にも言えます。私の手は点に見えるが代表のは芭蕉扇の如く巨大な面に見える。 これも力みの芯があるから。

昨晩探していた違いが今朝になり、見つけられました。

にゃるほどぉ。
posted by ゆりか at 09:26| Comment(0) | 日記