2017年10月16日

どんなときも

代表のブログにも年齢のことが書いてあったが、私自身も年齢と空体道については、実感していることがある。

私の体はあまり屈強な方ではない。怪我もしやすく、呼吸器も強くなく、昔から激しい運動をすると必ず体にダメージを受けていた。なので鍛練とは苦しいもの、それに打ち勝つ精神力がないと高められないものという思いもあった。


先生の武術には、私が出会った時からすでに「年齢を重ねても高められるもの」という思想があって、それが年々ありがたみを増してくる。

練精会の武術全般、そして空体道の練習は快くできるものばかり。だから日頃からやりたくなるし、生活の中にくみこめる。鍛練は快く、日常的にできるものへと変わった。

武術を高めたいから練習する、体の調子が良いから練習する、体の調子が悪いから練習する、時間があるから練習する、時間がないから練習する、どんな時でも練習できるし、したくなる。練習すればするほど、成長できる。

先生とはちょうど20歳違いなので、次の誕生日には38歳。これから何があってもなくても練習を続けられる、それだけで朝から気持ちがウキウキo(^o^)o

今日も元気にうごこー(^o^)/おー!
posted by ゆりか at 09:47| Comment(0) | 日記

2017年10月13日

ジレン

現在放映しているドラゴンボール超に出てくる、悟空の好敵手ジレン。前回の放映内容が神回だとネットでも評判だが、我が家でもお気に入りで絶賛リピート再生中です。「身勝手の極意」という武道のある精神領域が表現された面白い回です。


このジレンの後姿、毎朝ワンコの散歩に行くときにタップリしたサイズのMA-1ジャケット(フライトジャケット)を着て歩く代表の後姿に似ています(笑)


http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/assets/img/chara/chapter4/no11/u11_jiren.png

ちなみにオープニングソングの氷川きよしの限界突破サバイバーという曲も大好き。絶賛カラオケ練習中です(笑)
posted by ゆりか at 09:41| Comment(0) | 日記

2017年10月12日

押し上げられる

この感覚が芽生えたのはいつだったか記憶が定かでないが、立っているとき、歩いているとき、地面から押し上げられる感じがする。

その直前まで、重力に沿って落ちることばかりをずっと頭にいれて力を抜く練習を重ねてきた。時折逆に押し上げられる感じが出てきて、しばらくしたらそれが継続するようになった。

必要な反応としてしゃがんでも、前傾しても、体勢が崩れても、ある程度その感覚が残っているとわりと全身が動きやすい。

まぁ、強く打ち込まれたりしている時には消え去ってしまう感覚ですが、多分これがいつかどんな状況でも消えなくなるのではとも思っている。

落ち、押し上げられ、またさらに微妙な体内変化でより全身が自在に伴うようになると、受けが反撃に、ちょっとした動きが技に、重さになるはずなのです。

今はそれをコツコツ磨く。太極拳からスタートです(^o^)/
posted by ゆりか at 09:42| Comment(0) | 日記

2017年10月11日

自然に変形

高齢者施設でのレッスンにて。このところ型を自然に変形させて気持ち良さそうに動く方を目撃する。

からだの不自由な方も多いので、武術の練習方法を最もシンプルにまとめてある。亀の型のなかに微妙に熊が混ざったり、鶴の型に歩法が加わったり、熊の型の揺すりが別方向になっていたり、そんな自由さの自然発生がたまらなく素敵に愉快だ。

体は動きたがっている。その衝動を自然に受け入れ、表現できる。そうして自由舞へとつながっていくんだな。そんな空体道の練習大系がとても好きだ。
posted by ゆりか at 15:24| Comment(0) | 日記

転べばいい

組手の練習で様々な形で投げや崩しをかけられて、予期せぬ形で転ぶことに慣れてくると、転ぶのが不安でなくなるらしい。

凍結路面で転んだらどうしよう、めまいがして転んだらどうしよう、人前で転んだらどうしよう、等という思いは、減少または消滅する。

転んだら転んだとき。安全に受け身をとってくれるはずの体を信頼できる。

失敗は失敗でなくなる。不安が不安でなくなる。

さー、今日も楽しくうごこー♪ヽ(´▽`)/
posted by ゆりか at 09:08| Comment(0) | 日記