2017年09月07日

練精会最新動画

今日もたっぷり胸を貸していただきましたー!尋常じゃない汗かきました(笑)動きの質の違いがよくわかります。

顔に当てに来ていいと何度も言われているのですが、いっこも当たりません。かすりもしません。。がんばってるんですけどね(^_^;)

以下代表ブログ転載

本日の練習で副代表のゆりかに防御の動きを示している動画です。

会員さんは参考にして下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=EeWXm8kHJoA
posted by ゆりか at 22:29| Comment(0) | 動画と写真

お友だち。

本日のレッスン合間、またイソイソ格技室へ向かいました。

サンドバッグがあると、やはり

対象物VSわたし

になると気がつく。空体道の組手、対練は相手との調和、重力と自分との調和により身を守る対応をし、重さを力にするもの。「VS」 がついてはいけない。

今日はいかにサンドバッグと対立せず、戯れるかをテーマに練習してきました。打つのではなく触れにいく、触れたら触れ続ける、撫でる、時に押し返されてみたり、跳ね返されてみたりしながら、戯れる。大きく揺れ動くサンドバッグに合わせて後退したり、ついていってみたり、ともに回転したり、蹴ろうとした足を絡めてみたり、そんななか、打つ意識なく触れた瞬間に「ズンッ」と深い音でサンドバッグの芯を打つ瞬間がでてきたり、蹴る気ではない足の動きをサンドバッグが「ドンッ」と受け止めてくれたり、重い打撃が加わるのがわかりました。

動き続けるなかには、体当たりやタックルのような触れかたもある。柔らかく抱き締めるように動いてるのに「バゴン」と一瞬折れ曲がるような衝撃が出てきたりと、重さの伝わる実感がありました。

組手で成果が出るまでにはまだまだかかると思いますが、こんな風に戯れるなかに変化や重さがあるのだと、日頃教わっていることをまた改めて理解しました。

VS

は、いけません。練習相手は自分を高めてくれる大切なパートナーだ、感謝をもって、慈しんで動けと何度も言われている。

ボールは友達。サッカーアニメの金字塔、キャプテン翼の中でも繰り返し叫ばれています。

サンドバッグもお友達。練習仲間は大切に。寝る前に練習動画を見てるので、夢の中に練精会会員がよく出てきます。そのうちサンドバッグも友情出演してくれるかも。

軽く病んでます(笑)
posted by ゆりか at 14:31| Comment(0) | 日記