2017年10月02日

幸福な犬

1506953809840.jpg幸福を絵に描いたような表情です(笑)
このカマキリみたいな手、よくしますよね、ワンコって。触ると脱力してプランプランです。前足のつけ根のところを優しく撫で押しすると、ビヨーンって伸びるんですよね。筋肉の仕組みでそうなるみたいです。あ、どなたかワンコ飼ってる方、意味わかるでしょうか、この文章(^^;
posted by ゆりか at 23:21| Comment(0) | ワンコ

3つのこと

先生の映像を見ていて、ふと思う。

以前のわたし、今のわたし、これからのわたし、そのずっと先にいる先生

という時系列のなか、未熟ながらも3つのことが深まってきたし、これからも深めなければいけない。

より全身で動く
より全身は均一に
より動き続ける

力を抜くことでそれらが深まってきたのだとわかる。全身でと言っても、手とか足とか単純な動きのレベルではなく、目に見えない身体内外の無意識の働き、まさに細胞レベルでと例えたくなるほどの全身。

またそれらが突出を減らし続け、均一に近くなるほど高まる。

そしてそれら全てが動き続ける。この3つの高まりとともに、動きはより外側から内側へと収まり、大きな動きから小さな動きへ向かうのもわかる。

なるほどです。そのためにどうすればいいか、その方法論はうちの練習方法に集約されている。コツコツやり続けるのみ。

この質の向上が、護身術として女性の可能性を引き出す最大の鍵。具体的な攻撃に対する対応策、技術としてのコツも勿論あるが、技術だけでは女性には難しい。それは実感する。時間はかかるが質を変えるのだ。質が、あらゆる威力、速さ、相手に察知されにくい動き、反応しにくい動き、間合いの制御、全てを向上させる。

でも3つとも、これまで何年間もかけて以前より今、以前より今、と、自覚しながら変わってきたところだ。だから今よりもまた未来が変わるのはよくわかる。

素敵な未来の自分にウハウハ( 〃▽〃)ハート
posted by ゆりか at 23:08| Comment(0) | 日記

親指が

レッスン前のひととき。会場近くの公園に大小様々な鉄棒がある。縦に立つ支柱と、顔の高さあたりに地面と平行な鉄棒。縦と横に棒があると、上下と左右の変化ができる。

つい腕の変化を練習する。左腕をメインとし、両腕を、そして足も変化し全身で。投げ縄が巻き付くように、時折絡めても行く。

腕が自由に動くと、背中が柔らかく動いてくる。肩甲骨も自然と動き、気持ちがいい。

夢中でしていると、ふと右手の親指が痛い。強く当ててないとはいえ、しなる腕で何度も棒に絡み付いていると、時折先端の指先が加速して衝突していることがあった。

そら痛いわな。
posted by ゆりか at 13:20| Comment(0) | 日記

顔面への反応

このところ顔面への攻撃に対する反応力が増しているのを実感する。

先日母と狸小路を歩いていて、思わぬタイミングで鳩とおぼしき鳥の羽根が突如として眼前に浮かびあがった。歩きながら、羽根の動きに合わせて体幹部ごと顔面をやや後ろへ引き、そのまま横へ流して直撃を避けた。これが固いものではなく、羽根というごく柔らかく、動きの読みにくいものだったからなおさら、自分の無意識の反応の成長を自覚できた。この喜びを母に伝えようかと思ったが、また「ヤレヤレ」の目をされるのが目に見えたので、一人脳内で幸福を堪能しました。

また家庭内では、家の中に吊るしてある道着の袖に、通りがかりに顔面が当たりそうになる時、ふと羽根の時と同様に避けていることがある。立ち止まって避けるのではなく、前進しながら避け、歩行が継続するのがまたいいのだ。止まってしまっては居着くことになる。代表、私のこういう練習のためにわざとわたしの顔の高さに袖が来るように吊るしていらっしゃるのでしょうか・・・・もしくは軽いいやがらせ・・・いや、きっと何の他意も無くなさっている説が最有力・・・
posted by ゆりか at 11:36| Comment(0) | 日記

左の利き

代表から、組み手の際に右腕と左腕の利きの差を減らすようにと指導してもらいました。日頃から両腕を使う対練を行っていはいるものの、よく思い返せばやはり右の方が使い勝手がよく、なにかと右側をメインにやっていたなと気付きました。

代表のような両腕の併用、ほぼ同時に同じ自在性で同じ重さで動かせる腕が養われると、あの、目の前で火花が散ったような心身への衝撃により、相手の有効な反撃を減少させることが出来る。また、相手と向かい合った際に、相手も右利きのことが多いから、相手の得意な右の動きを防御するのは自分の左側なわけで、左の利きが悪いと相手の得意な側から攻撃をされやすく防御が弱くなってしまう。両手併用とずっと心がけていたつもりだけど、やっぱりこうして偏りがでるもんなんですね。

ということで、意識的に左腕を使うようにしています。組み手で、対練で、日常生活で、自由舞で、左腕をメインに動かす。ここ数日やっていて、左のお尻の筋肉痛がでた。下半身も左より右をより使っていたのだろうと思う。強い筋肉痛ではないですが、ほんのり左のお尻が筋肉疲労。腕を使うには全身を使う。思わぬところに筋肉痛がでるのもまたおもしろい。腕を尻でも動かしているんだなぁ・・・身体ありがたいなぁ・・



posted by ゆりか at 09:47| Comment(0) | 日記