2017年11月06日

力んだらやり直す

最近「頭のてっぺんから足の裏まで通る感覚」をメインに自主練習を続けてきました。これがまた気持ちがいいので少しやりすぎた感もありました。

昨日の稽古では、この練習で得た身体の感じで組手を試してみようと思っていました。まっすぐに近づくほど、身体のブレが減る分動きやすくなるし、なんとなく、手足が同時に働く感じがするし、速く動ける感じがします。その点では悪いばかりではなかったのですが、やはりこれだと少し力む。力む以上、重さは減る。女の私が重さ不十分で速く動いても、そこまで効果的な動きは出来ないものなのです。

代表からも、試行錯誤の労いを頂戴しつつも、力みについて指摘してもらいました。今、ちょびっと改善したところがあっても、そこに力みが伴うようならその改善点についてもすぐにまた限界が来る。だからもっと抜いて、やはり鰻状の動きを高める必要があると。速さよりスムーズさ、手数より重さ。それを養うには一にも二にも力を抜いた全身の流れのある動き。すなわち鰻です。

自分の中で「まっすぐでいよう」とか「重さが使えるように」などと希望を持って取り組むのはいいのですが、それを組手でやろうとした時点で精神的にも力んでいる証拠。組手で現れるのは、練習の成果であって、意識的に作っている以上は必ず力みを伴う。数日前に自分で書いたばかりなのですが(笑)

ということで、また気持ちを新たに鰻を目指して励みます。今週は新規のレッスン、講座がスタートするので、気持ちの中でもより柔軟に、鰻でいたいと思います。
posted by ゆりか at 12:04| Comment(0) | 日記

2017年11月05日

代表の最新動画

またまた代表の最新動画が出ました〜(^O^)/

以下代表のブログからの転載です。

重さの流れの説明動画です。

https://www.facebook.com/ken.kawamura.376/videos/571802416484680/?l=408884915379357945

重さが頭から足裏に通り、まっすぐ立つ感覚の前段階の感覚の説明なのですが、この重さの流れる感覚は練精会にとってとても大切なもので、会員さんはこの感覚をまず目指してほしいのです。
posted by ゆりか at 19:24| Comment(0) | 動画と写真

2017年11月04日

空体道講座オリエンテーション

来週から始まる、空体道講座のオリエンテーションを行いました。悪天候にも関わらず多くの受講者が集まって下さいました。懐かしいお顔も拝見でき、嬉しかったです。

空体道講座は特に用意するものも無く、着の身着のまま身体一つでできる講座なので、事前に説明することもあまりなく(すみません・・)、そのかわり少しだけ動きや立ち方を体験してもらいました。

講座では様々な運動経験・武道経験者がランダムに集まるので、色々な方に立ち方の確認で触れ合ったり、防御練習のため軽く打ってきてもらったり、私の重さに抵抗してもらったりするのは私にとってとてもいい体験になります。

受け方も動き方も千差万別。善し悪しの問題ではなく出来るだけ多くの方と触れあい、その引き出しが増えていくことが私の学びになるなと改めて感じました。早速代表の動画を見て下さっている方もいるので、空体道の魅力、素晴らしさを十分伝えられるよう、がんばろ〜〜(^O^)/

来週から始まる5回講座で、毎週土曜日14:00〜16:00。ちえりあ主催のご近所先生企画講座。講座はちえりあ内で行います。まだ申し込みに数人の空きがありますので、興味のある方はちえりあにご連絡下さい。

posted by ゆりか at 16:19| Comment(0) | 日記

2017年11月03日

ミチミチ

昨晩も書いたが、このところ少しだけ「立つ」ということに関して体内にミチミチ感を感じる。

代表の言葉で正確にいうと密度、と言うもの。力の抜けた体の密度が、少しだけ感じられる。今朝のワンコ散歩にて、代表に私の体から生まれる重さの質が高まっていることを確認してもらった。

このミチミチ感、少しだけ達成感があるので、これを全身で感じながら動くとやや力む。これで組手をすると変化に乏しくなる。

なのでミチミチ感はそれとしておいておいて、やはり力を抜く。そのためにも接触点は柔らかく。

筋トレをしてるわけではないが、日々の練習の積み重ねで体がまた変わっている。前シーズンまで大きすぎた代表からの服のお下がりが、どんどんちょうどよくなってゆく。

うれしはずかし、ビバ!肩幅!

posted by ゆりか at 09:41| Comment(0) | 日記

2017年11月02日

訪れ

このところ度々体振りと立禅を繰り返す練習をしている。

するとうっすらながら、重力に引かれる、落ちる全身を感じられることがある。落ちたようで、地面の抵抗により下から上がっているようでもある感じが、かすかにある。それは持続的ではなくまだまだ瞬間的なもの。

これは過去にも繰り返し思ったことだが、こういう感覚は「訪れる」ものであり、強い意識により「表現」することとは別物。表現して達成されるものは、作為であり、身に付いているものとは違う。私がいうのもおこがましいが、きっとこうした感覚を本当に身に付けるためには、訪れるまでやりこむしかない。訪れたら、それが常に存在するまで、当たり前すぎて存在が気にならなくなるまで、やりこむしかない。

また改めてそんなことを思った。


私の言ってるまっすぐで落ちてる体と、代表の段階はまた全然違うんですけどね。でもまた少しこれまでと違う感じがあるのが楽しいΨ( ̄∇ ̄)Ψ
posted by ゆりか at 21:56| Comment(0) | 日記