2017年12月18日

太極拳

これまで太極拳・形意拳・八卦掌を学び、稽古を重ねてきた。昨年の空体道創始以来、一人練習ではもっぱら空法と自由舞を行っている。

最近またあらためて自分なりに太極拳を通していて、なるほど太極拳と他2拳の素晴らしさを空法や自由舞はみっちり内包してくれているんだなとわかる。

重力と自分との関係、立つ力を太極拳は私たちに気づかせてくれる。八卦の変化や流れ、形意拳の推進力や中心の力、どれもみな素晴らしく、空体道もまたとてもとても修素晴らしい。

私の中国武術との出会いは太極拳だった。またあらためて、太極拳のありがたみも味わっている。

あたし重力に引っ張られてるぅ〜と、溶けたチーズのような体の内面を気持ちよく味わいました。
posted by ゆりか at 17:31| Comment(0) | 日記

やめよう

昨日よりも今日、今日よりも明日と力を抜く練習を繰り返し、またその体から得られる動きや重さを対人練習で検証し続けて思うこと。

私は「力むため」に様々な努力をしていた、と。

気持ちの問題であれ、肉体の問題であれ、その両方であれ、いかにこれまでの自分が「力もう力もう」としてきたかと省みる。

「力を抜くとは、力む努力を止めること」という発想をしてみるのも面白い。武術にしろ生活にしろ、力んで得ようとしていたのになかなか得られなかったものが、力むのを止めた途端に手に入るという経験をよくしている。おもろいすなー

明日も力を抜いて生きよう〜(*´∀`)
posted by ゆりか at 00:48| Comment(0) | 日記