2017年12月21日

あきらめが

今年は自分の成長を自覚している。その成長の仕方が、いい意味で「あきらめ」に基づいていることを評価している。

強い意思と信念を持って、覚悟を決めて頑張るという心のスタンスが、今年は大きく変化したようだ。15年ほど前に訪れた福祉施設である精神疾患の方が私に話してくれた「あきらめることの正しい意味」を、今はよくわかる。

あきらめるとは、明らかにして受け入れること。出来ないこと、出来ること、今あるもの、ないもの、何があってもなくても、今という時間があること。そんなすべてを心穏やかに過ごせるようになり、より内面の力が抜けてきたのではと思う。

あきらめたら、いろんなことがもっと楽しくなり、もっと変化するのを感じる。自分で変えるのではなく、自然と変化していく。それに身を委ねていけばいいんだなと、組手も生活も、まわりの人たちもそう教えてくれている気がする。

今日もいろんなことをあきらめ、明らめ、らりほー♪と過ごそう。まずは太極拳から(^o^)/
posted by ゆりか at 09:39| Comment(0) | 日記