2017年12月28日

様々な感覚

今日で今年の全てのレッスンが終わります。体育館の年末開放日を利用して、自主練習を増やせたのはありがたかった。

前回のブログの「ズルリン 」はじめ体内の「ツルリン」とした滑らかな動き、その他各種妄想的身体感覚を大いに味わうことができました。

太極拳と、自由舞の後の立禅においては、背骨の下の方に「ウニウニ」と細かく揺らぐ感じや、キュッと固く閉ざしていた唇が「ふへっ」と緩むような仙骨まわりの感じもあります。

ここらへんが緩んでくると確かに、止まっている瞬間がなくなってくる。体内は絶えることなく動き続けており、動きと動きの境目もなくなってくる。

これを対人稽古で出てくるまで体に落とし込むのがまた次の過程になる。感覚を味わうだけで満足することなかれ。一旦味わった感覚は、それが当たり前になってやがて感じなくなった時からがはじまり。

ラストレッスン日は太極拳からスタートです(^o^)/
posted by ゆりか at 09:28| Comment(0) | 日記