2018年01月10日

ひとまとまり

打撃と投げ、崩しは自然と連続する。打撃を狙うのでも投げ、崩しを狙うのでもなく、動いた結果がなにかになる。

避けと攻撃も自然と連続する。避けよう、攻撃しようではなく、避けた手足がそのまま相手を崩したり、打ったり蹴ったりできる。

武術を学んでいると、ある一つの物事はその反対側も常に含むということを実感する。 打撃と投げはひとまとまり、防御と攻撃もひとまとまり。

外面の動きと内面の動きもそう。どちらかが静止すれば他方も静止してしまう。重力と抗力、相手に伝わる重さと伝える側の感触のはかなさ、戦うことと戦わないこと、揺らぎと安定、相手と自分。一見反対のこと、対立したり矛盾して見えることが実はひとまとまり。

心の平安と様々な感情もひとまとまり。全てを内包する、大きくて境目の曖昧な包容のなかに全部あるのだろうな。

さー午後はお呼ばれレッスン\(^o^)/\(^o^)/
posted by ゆりか at 13:17| Comment(0) | 日記

2018年01月08日

虫の感覚

以前、家のなかで虫を捕まえるのがうまくなった話を書いたことがある。小蝿や蚊やカメムシやその他各種訪問虫を可能なら捕まえて外へ逃がす際に、心と動きを静かにし、しばらく虫の動きに合わせていくとある瞬間にハシッと柔らかく掴むことができる。

組手において、より相手に察知されない動きを高めるよう代表に指導を受け、皆様に指導しながら思い描いていると、やはり先の虫の捕獲感覚に通ずる気がする。

今だ!と気負うのでもなく、努めて心を押し黙らせるのでもなく、スピードを上げるでもなく、歯ブラシに手を伸ばすかのような楽さで動くと十分な間合いと位置どりが実現し、重さが滞ることなく活用される、そんな瞬間が時折ある。

練習相手を虫に見立てているわけではありませんが(笑)、感覚として思い起こすものがありました。

そういや、猫の妙術やオイゲン・ヘリゲル氏の弓の話と絡めたら教養ありそうでカッコよくまとまったのにな。私の実体験だと虫になる。今更ながら無念(*_*;
posted by ゆりか at 22:47| Comment(0) | 日記

2018年01月07日

代表動画

代表の新動画です。仙骨感覚を解説されています。

以下、代表のブログから転載します。

仙骨感覚の解説動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=bSt-H5ppcfQ

仙骨が溶けて、内部に深く潜ってく感覚を覚えるほど、力は抜かなければなりません。

会員さんは参考にして下さい
posted by ゆりか at 18:34| Comment(0) | 動画と写真

2018年01月06日

心地よさ

空体道の動きは気持ちがいい。私にとり、空体道はじめ練精会で学ぶあらゆる動きは、動き自体が心地いい。

この心地よさを、はじめのうちは一人で味わっていて、練習が進むほど対人練習でも味わえるようになった。

相手が抵抗したり、思うような結果が伴わなくても、形練習で味わえるその心地よさが体にあれば良しとしてまた続けるうちに、以前なら出来なかった条件でできることが増えて行く。段々と、何ができて何ができないという区別すら思い悩まなくもなった。

今の自分にまだ出来ないことはたくさんあり、今は足りないけどこの先にどうなっていくのかは代表の動きを見て体験しているからわかる。それが安心となり、この心地よさの中にいつづければいいのだと確信する。

でも私自身を振り返ると、人はおうおうにして辛いことや悩みの中から希望や達成を見いだすと思い込んでいて、心地よさだけがあるとかえって「これでいいのか」と不安をおぼえるものかもしれない。でも空体道では心地よさの中に埋没していいのだ。

今年は何が出来るようになるかより、ひたすら心地よさの中にいたい。頑張り、貫き、堪え忍び達成するのではなく、ただただ快くありたい。心地よさの原因は「自然とそうなる動き」にある。それを求めるともなく求めていくこと自体が空体道において次へ進む過程になる。

今晩も皆さんと楽しく稽古できました。また明日稽古。至福(*^^*)
posted by ゆりか at 21:55| Comment(0) | 日記

五味ペン

KIMG0003.JPG行きつけのそば屋、五味さんにて五味さんオリジナルペンをもらいました。通称五味ペン。世界に一つだけのペンを代表の足をバックに撮影しました。

幸先いーp(^-^)q
posted by ゆりか at 12:39| Comment(0) | 日記