2018年03月06日

稽古の映像を見ていると、自分のなかに頭から足の裏までの細い軸を感じる。細さゆえに強い抵抗や圧力に対してまだまだ脆い。同じく相手の攻撃を避けて反撃するにしても、避けた時点で私の細い軸は微妙にずれているため、次の反撃ですでに発せられる重さは半減している。代表と見比べてよくわかる。軸を高めるのも課題のひとつ。でもこの軸感覚はやり過ぎると力みを招くため、あまり根詰めてやるのも危険。今のまま自然に重さと変化と軸が同時進行で高まって行くのが望ましい。

でもこの細い軸、忘れもしない結婚パーティーの前日に出された課題により、芽生えたのも記憶する。パーティー前日夜9時過ぎに、家の前の公園で頭のてっぺんをぶらさないよう八卦掌を繰り返した。良い想い出ですな。軸感覚は八卦掌、重力感覚は太極拳が学びやすいと以前代表が言っていたのを理解できる。
posted by ゆりか at 09:01| Comment(0) | 日記