2018年03月12日

オリーブ色の腿法

ある日の夕食後、代表が居間で自由舞を始めた。どんなに面白いテレビ番組を見ていても、漫画や本を読んでいても、至近距離で見る代表の自由舞のすさまじさに勝るものはなく、その際も自分のしていることを忘れてただただ目を奪われた。

ちょうどそのときチャンピオンのオリーブ色のスウェットを穿いていた代表。時折素早く回転したり、足を変化させる際にはそのオリーブ色のスウェット生地がグボワッ!と文字通り音を立てて残像を残しながら激しく羽ばたくように見える。

腰と足の境目がわからないほど緩んだ下半身から繰り出される猛烈な腿法(足の自在な変化)はオリーブ色の記憶と共に強く残っている。あんな動きはまだできたことがないなぁ。あのオリーブ色のスウェットを穿いたらできるかな。コッソリ盗み穿きしてみるか・・・変態の領域にまた足を踏み入れそうになりました。あぶない(ー_ー;)



posted by ゆりか at 22:02| Comment(0) | 日記

上回る流れ

今回公開された組手指導動画では、あえて先生が大きく動いてくれているので、テーマである流れが非常に見やすい。胸を借りている私たちの動きに対して先生はずっと合わせてくれる。動きに合わせる先生の動きの流れ、体内の流れは私たちを上回って大きく深いため、私たちは自分の動きと先生の動きや重さの相乗効果で崩される。

なるほどぉ〜
posted by ゆりか at 11:03| Comment(0) | 日記

脳内が停滞

体内のあらゆるものは変化し続けている。血液も、細胞も、呼吸も全てが刻一刻と移ろうのに対して、脳内は八割ないし九割が昨日の思考を反復しているという。変化し続ける体に対して思考は停滞しやすい。

わかっているのにやめられない、同じ失敗を繰り返すのも人の常。脳内の停滞にも関係しているのかもしれない。耳がいたい(・・;)
posted by ゆりか at 10:41| Comment(0) | 日記