2018年03月22日

手はどこに

武術の型を学びはじめのとき、自分の手がどこにあるのかわからないという人がいる。自分の頭はどこにあるのか、足はどこを向いているのか、掌はどこに向いているのか、右手はどこに、左足はどこに、と、自分のからだの不自由さを味わっているのですね。

練習を繰り返すほど動きは覚えられるし、さまざまな動きを体に通していくと、初めての動きにも戸惑うことなく動けるようになる。一人でも、対人でもスムーズに。

接する方々一人一人の、いわば動きの自分史を塗り替え、進化していく様を拝見するのは喜ばしい。

暴走し偏りやすい思考や感情よりも、動きはコントロールしやすい。動きを通じて自分を知る。手はここにあるよ〜(○´∀`人´∀`○)いえ〜い
posted by ゆりか at 16:46| Comment(0) | 日記