2018年04月11日

自覚

講座のことをイメージしていると、よく聞かれる質問を思い出す。

どうやったら力が抜けますか

方法は教えられる。うちの武道の練習体系すべてがそのためにある。あとは本人の自覚と工夫のみ。自覚できない力みは先生や先輩や仲間が対人練習で伝えてくれる。自覚し工夫するのみ。

さて、タコになって午後レッスンです\(^o^)/\(^o^)/
posted by ゆりか at 13:49| Comment(0) | 日記

秋の空体道講座

今年秋の空体道講座は9月11日から10月10日、毎週水曜日夜6時45分から8時45分まで。9月5日がオリエンテーション。西区民センター3階視聴覚室になります。

先ほどお昼を食べながら指導案を書いて提出しました。指導案書いていると、ワクワクしますね〜(*´∀`)

春の講座は5月18日から6月15日。毎週金曜午後二時から四時。宮の沢駅直結の「ちえりあ」にてですね。たくさん来てくれたら嬉しいなぁ〜☆

対練は段階を追って、感覚を学び合うものと技術を学ぶものを行います。空法がどれだけ体に通せるか、出会ってからのお楽しみですね。空体道の形、空法は自由になるための形だ。形を通じて、動きの可能性、選択肢を増やしていく。

形に囚われ、形に束縛されるのではなく、形を通して自由になる。素晴らしい\(^o^)/
posted by ゆりか at 13:40| Comment(0) | 日記

連動とバラバラ

代表から八卦掌を学んだとき、二本の足のうち一方の足が他方の足に動きを与えるのだと知った。太極拳や形意拳でも、尺取り虫のような引き足を伴う歩法にわかりやすく表れる。空体道の脱力法の、足振りにもそれがある。歩行もまたしかり。

空法や自由舞もそうで、それは全身の連動や流れの中にある。

ただ、それだけだとある一定のパターンのなかでしか動けなくなる。より自由に自在に動くには手足や体幹部や頭等々、連動や相関しながらも同時にバラバラでなくてはいけない。

相関し連動し、かつバラバラ。タコの腕のように、独立した判断能力を持つ体全体でありたい。

今晩はお寿司の可能性が浮上しました。レッスンにてタコを目指し、夕飯でタコを求めます。タコタコハート(トランプ)
posted by ゆりか at 09:12| Comment(0) | 日記