2018年04月17日

骨盤溶かして

先日ある教室で取り入れた練習。体育座りから、骨盤をグニャリと溶かすようイメージして軽く変形し、その流れに沿って畳へ体を預ける。

後ろへ、横へ、斜め後ろへ。慣れてきたら座り方を変えて、前方向へもグニャリと体を伏してゆく。

さらに慣れてきたら、逆に伏して起き上がるまでの動作も骨盤を溶かした流れに乗るようイメージ。

さらに慣れたら立った状態から、また立ち上がるまでを流れに乗る。全身のトロトロの重みを、変形させると畳へと倒れて行き、倒れた状態から起き上がるには、重さを足の裏へと移動させることで全身は「立ちあがる」というか「下から積み上がる」ように立ち上がってゆく。

そのまま続けて下方向への崩し技対練を行うと、重さの流れが体に残っているため、うまくいく。また受け手も重さの受け身をしているので、いざ技をかける際にそのまま動けば重さが伴う。

教えている我ながら、皆さんの動きが良すぎて感心しました。そこでまた確信。

立ち上がる、受け身をとる、寝る、座る、醤油をとる、歯磨きをする、すべての動きが重さになったとき、私の今の課題が克服できるな。

今日レッスンにまつわるなにかの作業をしている時、グラリと重さで体が動いたのを感じました。あれがあれですよ。うん、あれあれ。あ、オーディオいじってるときだ。うんうん(*゜∀゜)*。_。)*゜∀゜)*。_。)

おし、本日ラストレッスンも力抜くぞ〜い((o( ̄ー ̄)o))
posted by ゆりか at 19:22| Comment(0) | 日記

組手練習の心得

当会の組手練習は、動きの質を高めることが第一目的なので、どう有効に動くかより、どれだけ力を抜けるかが優先されなくてはいけない。

脱力法や形、普段の心がけのなかで味わう「力が抜けた状態」を、組手のなかで変わらず維持できるかを検証していく。

私自身、未だ大したことはできないが、この優先順位を間違ってしまうことが何度もあり、その度反省する。優先順位を間違うと、習得が遠回りになるし、下手をすると身につけられなくなりかねない。

どんな心持ちで練習に臨むか、時おり省みるのも大切だと思っています。

さーて、来週のさざえさんは?ではなくレッスンですo(^-^o)(o^-^)o
posted by ゆりか at 10:30| Comment(0) | 日記

変化と重さの自然融合

重さによる動き

について改めて思う。練精会の動きは、拳種に関わらず重さが動きや力の源になる。力が抜けた体には重さが備わり、重さをきっかけに動き、触れた相手にはその重さが打撃や崩しの技の威力として伝わる。

その威力は相手が耐えるほど継続的に加わり続ける。

重さによる動きは継続する。対人練習にしろ、形練習にしろ、自由舞にしろ、力みが残っているほど動きが要所要所に停止または停滞し角がでる。

この「重さの継続」については、屈強な相手に抵抗された際に、ぶつかる前に変化することをまずは高めていく。継続させようと「思って」やると、そこに居着きが生まれ、経験ではその瞬間に打たれたり投げ返されたりする。

それを高めていくなかで、相手の動きを停止させていく重さの伝わり方が自然発生し、それがより強力になるほど日頃代表が私たちに示してくれる段階へ向かう。

継続する自然発生の重さにより相手の動きが停止する、一瞬でも一秒でも停止する、それが今の課題なのだと思う。あのダイダラボッチ感覚がそこへの道筋だ。

ずっと教わっているのに、体の理解に時間がかかってしまい、代表には申し訳なく思います(m--)m


変化と重さの自然融合へ向けて、代表化へ向けて、今日も元気にレッスンダァー\(^o^)/
posted by ゆりか at 10:15| Comment(0) | 日記