2018年04月27日

代表の動画

組手を練習する際には、かける技、かけられる技に気持ちを集中せず、淡々と淀みなく動き続けることが大切。この動画では、代表の技に目が行きがちだが、技をかける前に私たち生徒の動きに何気なく対応し続ける代表の動き方をよく見て真似することも大切。その中から技は自然発生している。私の目指している煙の動きもこの中で体現されている。少し前の動画ですがご覧ください。

ちなみにこの日、代表は帯を忘れ、Tシャツにて指導してくれました。臨機応変に変化するのも空体道です(笑)

https://m.youtube.com/watch?v=Gm34sib_bDs
posted by ゆりか at 09:02| Comment(0) | 動画と写真

脳内も体内も煙

今の自分の理想とする動きとして「煙」のイメージをいつも思い浮かべている。対練で、組手で、一人練習で、煙を目指す。うまくいくと、相手の攻撃によるダメージをかなり抑えられ、よりぶつからない動きができ、時には相手が自滅するような崩れ方をしてくれることがある。より高めるため、日頃から心の内面も煙を心がけている。

心の中に浮かぶ判断、分析、評価、結論、記憶、集中、固執、それらをより曖昧に、煙のようにモクモクさせる。はじめは意識的にやっていたが慣れてくると勝手にフアンフアンとスモークが発生する。

そのまま過ごして何気なく一人練習すると、体内も以前よりさらに柔らかくモヤモヤして、以前とは違う。組手も技もタイミングも思考することなく前より自然に思える。

脳内も体内も煙。この感じがたまりませんな。また明日もケムに巻かれて生きよー( 〃▽〃).。o○.。o○.。o○


posted by ゆりか at 00:05| Comment(0) | 日記