2018年05月05日

柳生兵庫助にも

先ほど「ペロン」を信じるという内容を書き終え、津本陽さんの「柳生兵庫助」を読んでいたら、同じことが書かれていました。ご紹介します。柳生石舟斎が幼い孫の兵庫助に教える場面

敵に負けまい、かならず勝とうという思いにこだわるのは、試合に及んでの心の病いじゃが、技を正しく使えばかならず勝つと信じて敵にむかうのは、病ではない。敵の白刃にむこうて、勝ちを信じる心がゆるがねば、勝機はおのずから眼にみえてくる

省みると、自分自身というよりうちの武術を心底信じているので、今の自分がダメでもこの先がある、この結果はダメだけど学ぶものがあった、と心が全然折れずにいられる。ペロンとした弱々しい状態を、信じることができるのは、練習を重ねて変わってきた自分を知り、それを導いてくれる武術を信じるが故だな。素晴らしすぎる。また脳内がお花畑に(* ´ ▽ ` *)花見だ花見だー(笑)
posted by ゆりか at 11:07| Comment(0) | 日記

ペロンを信じる

全身の力が抜けてくると、ただ手を「ペロン」と動かしただけで相手を崩せる場合がある。そのときの状況や相手と自分の体格差・実力差により結果が違いますが。

でもその「ペロン」が良い動きと身も心も信じられるようになるまで、案外時間がかかる。でもふとしたとき、いつも苦戦する屈強な相手に対して「ペロン」とした動きでいられる自分を感じたとき、また、そのまま少しでも有効な動きが出てきたとき、やはり「ペロン」でいいのだと思いを強くする。

今朝は食材の買い物も、本棚をぶらり物色している間も、ペロンとした自分で過ごしています。今晩の練習でまた、色々と検証してみます(*´∀`)♪
posted by ゆりか at 10:43| Comment(0) | 日記