2018年06月18日

見えても見えなくても

視力が悪いので、運転には眼鏡をかける。レッスンなどでは、皆さんのお顔は見えないが動きは見えるので眼鏡もコンタクトレンズもしないことが多い。

今よりも以前の方が、組手においても指導においても、目に頼っていたと自覚する。目ではなく触れた感触で相手を感じるよう長らく指導されてきた。実際に触れて受けとる情報もあれば、雰囲気から得る情報もあり、視覚で細部を見なくても入るものは多い。

でも今日は新規レッスンがあるのでコンタクトレンズ着用。色々みえるわぁ〜!これはこれでまた、よろしかりけれ。
posted by ゆりか at 11:46| Comment(0) | 日記

通じて自分を

武器術の練習を通じて、対人練習を通じて、自分を知ること、その大切さを代表はよく話してくれます。

武器にしろ、相手にしろ、「自分」でないものと触れあったとき、日頃と違う自分に気がつくことはよくある。自分でないものが私に教えてくれるのは、自分をよりよく見せたい心の力みと体の力み。武器はそれ自体に力があるから、その威を借りる自分を本当の自分より大きく見せてしまい、武器を扱う本人が武器にとらわれ、力む。

過去何年間も武器の練習をしてきたが、代表から何度も何度も「腕で振ってる、力んでる」と指導されてきました。対人練習もしかりです。

今の自分を過去の自分と比較してわかるのは、とらわれの気持ちの強さ。武器にとらわれ、相手にとらわれ、結果にとらわれ、見た目にとらわれ、自分自身にとらわれる。

日々刻一刻とゆっくり色んなことが変わって行きます。本日もレッスンを通じて、お会いする皆さんを通じて、自分を知り、よりとらわれる自分をなくしていこうと思います。

みなさまよろピクピク♪ヾ(●´∀`●)ノ



posted by ゆりか at 08:55| Comment(0) | 日記

2018年06月17日

こっそり半棒

最近自主練習にて、杖をよくやっていることは書いていましたが、実はこっそり半棒もしていました。空体道での半棒は、60センチほどの棒を指し、一本ずつ両手に持って行うことも、どちらかの手で一本持つことも可能です。素手による肘や腕の変化と直結するので、非常に便利な武器になります。

空法は動きのエッセンスなので、そのまま武器術に応用ができ、杖のようにある程度長さのあるものから、その半分ほどのもの、またさらにその半分ほどの棒をそれぞれ

杖、半棒、短棒

と呼び、刃物系武器や身近な道具を護身術に応用できるように、動きを学ぶことができます。杖に比べて片手に一本ずつの半棒は、体の左右のバランスが崩れやすく、杖よりも難易度が高くなります。まずは素手で全身の力を抜き、全身が一つになって行くことを目指し、杖を持っても杖と体が一体に、半棒二本持っても体とそれらが一体であるように習得していきます。

私に半棒は扱い切れないと、杖をメインにたまに半棒をやるようにしていたら、杖がほんの少しだけ上達したぶん、半棒の扱いも自然にちょっぴり上達していました。代表に空法の動きで半棒を行い、見てもらうと、それでよしと認めてもらうことができました。

空体道は、やればやるほど色んなことを底上げしてくれる稽古体系になっています。知らないうちに自然発達し、隆起している脊柱起立筋や広背筋が日々の歩みの証です。武器の練習でより発達が進んでしまいました。

家で薄着をしていると最近よく「たくましい背中だのぅ」と目を細められます。たくましい背中してる妻って、良いのでしょうか(笑)なんかすみません(^o^;)
posted by ゆりか at 15:16| Comment(0) | 日記

2018年06月15日

黄色か

アスパラガスを使ってスパニッシュオムレツを作ろうとしていました。アスパラと、赤パプリカの色味がきれいなオムレツを想像していたのですが、うちに今あるの黄色いパプリカ・・・たまごの黄色と黄色いパプリカか〜い・・赤がほしい・・赤・・・
posted by ゆりか at 21:25| Comment(0) | 日記

わたしがではなく

講座に参加してくださった皆さん、お疲れ様でした。ブログを読んでくださっている方もいると何人かからお聞きし、アホみたいなことばかり書いていてはイカンなと思いました笑

今回の講座を終えて帰宅し、代表とご飯(今晩は出来合いの巻き寿司で失礼を)を食べていたら代表から

今回の講座、お前としてはうまくいったという手ごたえがあるようだな、話聞いてたらわかるぞ、よしよし

とほめてもらいました。代表からは以前から言われていますが、指導において「伝えよう、わからせてあげよう」という思いは薄めていくように心がけています。もともとそういう力みが満載の性質だったのではじめは難しかったのですが、武術と同じで、「わたしが!わたしが!」という精神でおこなうあらゆることは、意外とひとりよがりになりがちだとわかります。今回自分で褒められる点は、そこが少しだけ薄まったこと。受講者の皆さんはそれぞれに感性が高い方ばかりだったので、私が力まなくても勝手に受け取ってくれるものなんですね。(受け取ってもらえていると勝手に結論)

杖を振るも、重さを伝えるも、指導をするも、人と接するも、「わたし」を薄めていくことで案外うまくいく。

さて、昨日買ったアスパラガスも、「わたし」を薄めてアスパラガス自身の力でおいしくなってもらうべか!バターいためか、スパニッシュオムレツか、汁物か、なんとなく見た目と名前がかっこよくなるスパニッシュオムレツでいくかな・・・私が作るのではなく、アスパラガスに突き動かされるのです
posted by ゆりか at 21:21| Comment(2) | 日記