2018年06月26日

肉体さえあれば

成長するために必要なことは今の自分に何があって、何が無いのかを知ることだと思う。昔は「できない自分」に遭遇するたび「できない」現象に落胆し、そのつど代表からは「できないことを通じて、自分に足りないものを自覚する機会とするのだから、できなくていいのだ」と諭されました。

でも当時の自分は精神的にやさぐれていたため、「あたしなんてできないことばっかりだよ、たりないものだらけでどうしたらいいのさ」と稽古帰りの車中で一人つぶやいたものでした。※スミマセンふらふら

でもそれは正しい認識ではない。私には肉体があり、重力が存在する。じつはその二つだけで、うちの武道に必要な条件は満たされているのだ。身体があり、それが一部だろうがなんだろうが動く、その身体には重力が常に働いている。重さと変化の条件はそろっている。あとはその調和力をいかに高めていくか、なのですね。

だからうちの武道を高めるのに必要な条件は、肉体があること、ただそれだけ。重力は地球や月がなんとかしてくれるので、こちらで考えなくてもよい。年齢も体格も経験も関係ない。そこから伸びていくためには、重力と抗ってきた自分を捨てていくこと、思考でコントロールしようとする自分を減らしていくこと、本来ある全身の動きを引き出していくことなんだな。

対人練習の結果はその瞬間の単なる結果でしかない。互いの習得度合い、そのときの課題、偶然の条件、色々なものが重なってその瞬間に結果となる。が、それは常に通過点でしかない。結果を目指すと、視野が狭まり内容が変質する。

稽古は常に通過点。重力と肉体があれば伸び続けられる。伸びられない、恵まれていないと思うのは、脳みその身勝手な思い癖。

みんな100lの可能性にみちているのだぁ〜〜〜!今日も身体と重力と仲良くいこ〜〜〜!!お〜〜!!
posted by ゆりか at 10:14| Comment(0) | 日記