2018年06月28日

重さ落ちて動く

重さはいつも存在するもの。重さで立ち、座り、そのまま動けば触れたものに重さが伝わる。

問題は抵抗に対して変質する自分。肩が上がり、体は浮き上がる。

相手が屈強なほど、シーソーのようにギッタンバッタン重さが安定しない。

ここが問題なんだとわかる。

いつでも最優先は重力であり、技でも動きでもない。それが前よりわかってきた。

おし。明日も重さのわたしでい続けよう!注意点は重さと言いつつ、力んだ踏ん張りになりがちなこと。重さを作るとそうなる。重さはあるものだ。ゆめゆめつくらなきよう((o( ̄ー ̄)o))

明日の昼は外食の予定が決まりましたー!まずは朝のレッスン楽しくやろ〜!
posted by ゆりか at 22:38| Comment(0) | 日記

落ちて動く

日曜に公開された動画で説明してもらっているが、体の重さがまっすぐ落ちてただ動くと、触れた相手に対して強力な重さが発生する。

昨晩の練習ではしっかり抵抗してもらってこれを練習しました。利き腕ではない左のほうが今は重さがよりスムーズに出るようだ。右腕は抵抗に対して作為が出てしまい、余計なことをするんだな。

組手でも色々と気付きがありました。いつも完売してしまう近所の人気店のクレープもようやく食べれたし、洗車もしたし、歌も歌ったし、さー、今晩も楽しく練習ですよー(* ´ ▽ ` *)
posted by ゆりか at 15:41| Comment(0) | 日記