2018年06月29日

今ここが居場所

体の重さを実感するとき、私の居場所をはっきり感じる。重力に引かれ抗わずいる今この場所が、最良の居場所になる。

私を私たらしめるものは重さ。

力まない重さの技がかかったとき、安心で安全な自宅にいながら遠方の相手と商売が成立したかのようだ。

自分の最良の居場所からでることなく、無理なく動けたとき、察知されにくい、防御されにくい、重さの技がうまれる。

なまらごくたまにですが、そんな感覚をおぼえます。

相手に合わせる出張スタイルではなく、在宅ワークな体。インドア派のわたしにぴったりだ。

重さは今この瞬間に、この場にあるもの。どこへ行こうと何をしようと変わらない。変えてしまう内的要因を丁寧に取り除く。

私の場合無駄にウキウキする気持ちを減らさねば。車中でキャンディキャンディ熱唱してる場合じゃないですよも〜。
posted by ゆりか at 09:37| Comment(0) | 日記

浮かれ歩く

本日も重さの体を養うぞと心に誓い、ワンコの散歩へ出かける。近所のクレープ屋を通るとクレープに心が踊り、昼は外食だと思うとまた足取りが軽くなる。気づけばワンコと共にニヤニヤしながら小走りに。

重さを省みると、今の体はバラバラ。

とんだ浮かれポンチ野郎です((T_T))

クレープにも、外食にも「ほう、そうか」と心底動じない私になれるまでは、もう少し時間が要りそうです。
posted by ゆりか at 08:25| Comment(0) | 日記