2018年07月15日

肘の距離感

本日の稽古では、空法の開合手の応用をいくつか学び、その中で肘を用いた打撃練習もしました。代表が手をとって教えてくださり、やってみるも距離とタイミングが微妙に合わない。

拳や掌を用いた打撃距離に慣れすぎて、交互に打ち合うと肘にとってちょうどいいヒットポイントがつかめていなかったのだと理解できました。肘を用いた打撃は護身術としてとても有効なのですが、組手などでは威力や相手の反応に合わせたコントロールが難しく、日常的に練習しにくいのも事実。

培っているものがある一方で、知らず知らず癖がついてしまうものだなと修正をしました。

今日は代表とともに作務衣スタイルで稽古のあと色々と用事を足してきました。道着から作務衣への着替えは終始稽古気分でいられていいですわぁ(*´∀`)♪

posted by ゆりか at 22:14| Comment(0) | 日記