2018年07月17日

帰るところは真下

足を止めたまま体を自由にゆったりユラユラさせる、体ゆすり。重さに動かされ、重さの流れに乗って動き続ける最後に帰るところは、いつも真下。

真下に引っ張られているからこそ、あらゆる動きは開始するとともに収束もする。最後はいつも真っ直ぐに戻るのだ。

足を動かす自由舞ならば、流れに全身が付き従うため外見の大きな動きはなくて良くなる。

様々に変化しながらも安定しているのは、いつも真下に引かれる力があるから。

いつもいつでも真下への力(重力)が働いている。

ハンモックに寝転んでいるように、ゆらぎ揺られ、安定する。

今日もそんな動きをありがたく味わおう。

皆さまマッチョレ〜( ´∀`)
posted by ゆりか at 13:38| Comment(0) | 日記