2018年07月20日

消える代表

昨晩の稽古では、より精妙な崩しと投げを教わりました。道着を軽く掴んで正面にいる相手がふと落下し、回転するよう動かれると、相手は消えたように感じ、対立する支えを失い、無意識に心身のバランスが崩れる。そこへ柔らかい接触のまま重さが加わり続けるので、気づいたら致命的なレベルまで態勢が持っていかれ、ことの顛末を理解したときには全てが終わっている。

散々説明され、原理はわかっているのに何度かけられても

ウワッ

と驚きとともに崩れる。反射や瞬発力の動きではなく、ふと椅子に腰かけるような自然な動きだからなるのです。

なるほどです。組手でできる気はまだしませんがいつの日か。

さて、昼は外食です\(^o^)/太極拳レッスンいってきます!ひゃっほぅ!
posted by ゆりか at 09:44| Comment(0) | 日記