2018年07月21日

落ち着く体

力が抜けてくると、体は落ち着いて感じる。あるべきところにおさまっていると感じる。相手や技や結果にとらわれると、体は落ち着いているとき以上のことをしようと頑張る。落ち着いているときに発揮できる力が出せなくなる。落ち着いた体は重さの体。重さの体は筋力は最小限度に働き、体重がうまく活用される。出す力のほかに、柔軟な変化も伴う。重さと変化が両立してあると、武術の可能性は大きく広がる。

安心しているときほど力が抜ける。

安心していきましょー(*≧∀≦)人(≧∀≦*)♪いぇーい
posted by ゆりか at 23:15| Comment(0) | 日記

ブルース・リーとアリンコ

昨日はブルース・リーの命日だったので、ブルース・リーTシャツに着替えて昼食へ出掛けました。汚したら困るので、代表から譲り受けたレアもののTシャツではなく、GUで購入したTシャツをチョイス。黒いキャップと大きめのピアスとジーンズコーデで昼食へ出掛けました。

隣は18才のときに一目惚れしたエゴン・シーレの絵。ブルース・リーとお似合いです。

テレビではアリンコの特集です。サムライアリという蟻は、定期的にクロヤマアリの巣を集団で襲撃し、クロヤマアリの幼虫とサナギを盗みだし自分の巣に持ち帰るという。自分の巣でクロヤマアリを奴隷として働かせ、サムライアリは日頃の働きを一切しないのだそう。究極のサボりアリと言われていました。

アリンコ、おもろいです( 〃▽〃)20180721_153632.jpg20180721_154336.jpg
posted by ゆりか at 15:55| Comment(0) | 日記

一人で練習できる

家の水回りを掃除していました。きれいになると気持ちがいいですねー夜は練習&指導があると思うと何をしていてもワクワク。

学生時代によく「練習相手がいないと上達できないなんて、なんて不自由なんだろう」と思っていました。下手くそなりに大好きだった空手が向上するには、当時は組手など対人練習を繰り返すしかないとおもっていましたし、スポーツ競技としては筋トレが必須。でも筋トレにはずっと疑問を抱いていたので、チューブトレーニングや縄跳びや軽い筋トレはしていたものの、それよりも上手い相手との対人練習をすることが一番と思っていて、結局上手い相手がたくさんいる環境にいる人しか向上できないとするなら、なんと不公平かと思ったのです。

今の武術は、対人練習をよくしますし、幸い上手い相手、強い相手にも恵まれています。でも基本的にうちの武術を向上させるのに大切なのは個人練習をどれだけやるか、型や基本練習や立禅を通じてどれだけ力の抜けた重力と調和した体を養えるかなので、相手がいないから伸びない、ということはないのです。検証の場として対人練習は重要だし、相手が上手いほど練習になるが、それは個人練習が充実してこそ実りになるもの。

過去にコンニャローと思っていた経験があるだけに、個人練習で伸ばしていけること自体が、非常にありがたいと思っています。

今日も早く行って練習しーよおっと♪ヾ(●´∀`●)ノ



posted by ゆりか at 14:46| Comment(0) | 日記