2018年08月31日

fever

カラオケでジャズとアニソンを歌うのが趣味なのですが。最近練習中のペギー・リーのfeverは、個人的には年を重ねたライブの歌唱が好み。カラオケで歌うとき、この下向きの指パッチンと、人生の全てを見極めたような目付きを真似したくなる。カッコいい〜( 〃▽〃)

ジャズをかっこよく歌うため、脱力の声出しと体内リズムを体に通し続け、アニソンでは、angelaというユニットの超絶難曲を通じて、可能性を模索。

芸事は歳を重ねて進化し続けられるのが面白い。

https://youtu.be/xHXg2J6-XYE




posted by ゆりか at 22:43| Comment(0) | 日記

足の裏

今、足の裏を柔らかくするのにハマっている。

片足で立ち、足の裏をひたすら柔らかくすると、全身がユラユラする。動き始めると止まらないので、だんだん全身が大きく揺らぐが、足の裏が柔らかく、下半身が柔らかくい続けられれば、変化しながら片足で立っていられる。

競技選手時代は柔らかいクッションの上でぐらつかない練習をよくしていたが、今は自らぐらつく練習をしている(笑)大きくぐらついても、そのまま回転しても挙げてる足が落ちないほど、全身のバランスは良い。

踏ん張る安定と、ゆらぎに委ねる安定。今は後者が好みだ。

今朝もレッスンにて散々ユラユラしてきました。

あーきもちいー( ´∀`)
posted by ゆりか at 11:29| Comment(0) | 日記

百人力

どんな動きをしても、必ず重力が働いている。重力は下に体を引っ張ってくれるので、それに身を委ねながら動く。

例えば八卦掌の八大掌の中盤からは、片足で回転したり、倒れ様に回転するような動きがあるが、これらを筋力で静止させてバランスをとるのではなく、重力に沿って、不安定を活かして動くことを教えてくれる。

一人の人間が出せる力など限られているが、重力を味方にしてそれに合わせて動いていけば、出せる力も体の安定も増し、立つことも、歩くこともとても楽になる。

文字通り、百人力というやつですね。

何をしていても必ず働いている重力をよく味わい、味方につけよう。おー\(^o^)/
posted by ゆりか at 08:41| Comment(0) | 日記

2018年08月29日

高野豆腐

午前のレッスンを楽しく終え、近くの公園駐車場で持参したお弁当を食べた。

理由もなく幸福な気持ちでルンルン煮物の高野豆腐をよく噛まずに飲み込むと、やや水分不足の欠片が喉に引っ掛かり、しばらくむせた。

同じ手口で代表の喉を詰まらせかけたこともあり、同じ弁当を用意した代表にも危険を知らせる連絡をしました。

おのれ高野豆腐、一度ならず二度までも。単に煮込み足りない私のシワザだと自覚はあるのですがm(__)m

ごめん高野豆腐。大好きなのでまたよろしくね。

これまで以上に喉もゆるめ、また、無駄に幸福な気持ちで早食いするのは止めましょう。
posted by ゆりか at 12:45| Comment(0) | 日記

紅三四郎

紅三四郎のアニメを見ている。主人公三四郎が父から受け継ぐ紅流柔術は、柔術と打撃が融合した、今でいう総合格闘技のような武術。父の仇を探しに各地を旅しながら、武術家として、人間として成長する三四郎を描く。

毎回訪れる土地土地で出会う美少女の色っぽさもまた魅力のひとつ。

今朝見た回では、目の見えない美少女から教わった「心の目で見る。心の目で歩く。心の目を開く。」をテーマに三四郎は成長した。

目で見たものを判断し、行動を思考で選択しているうちは対応は遅れる。思考を介さず体が反応するまで力を抜き、動きを身に付けることも心の目に通ずる。

この時代独特の、劇画的台詞まわしは好みである。今の若い人はある状況を回避したいとき

大丈夫です

という言葉を用いるように思う。私の世代だと、大丈夫と言われるとOKの意味を推察するが、反対の意味に使われるようだ。大丈夫です、と断られるのと

御免こうむりたいです

と断られるのと、だいぶ印象が変わりますね( ´∀`)
posted by ゆりか at 09:12| Comment(0) | 日記