2018年10月15日

とにかく柔らかく

レッスンでも稽古でも自主練習でも生活でも、とにかく柔らかくあることを心がける。人がどうこうより、自分自身が柔らかくいられることを優先する。

柔らかいのは快く、変化でき、楽である。

床の形状、聞こえる音、まわりの動き、外部刺激への内面の反応、内部からの過去の記憶の流出、それ全てが柔らかく経過するように。

それは自分を犠牲にし我慢するのとも違うし、蓋をして覆い隠すのとも闇雲に自分を主張するのとも違う。

あるがままであり、また柔らかくあるために行動する。行動は自然に起こる。

組手しかり、生活しかり、今日もそんな風にすごそう。太極拳レッスンからスタートです。
posted by ゆりか at 09:29| Comment(0) | 日記