2018年11月07日

通る

昨晩は体の内面の流れが止まらないことによる重さの力を練習しました。

屈強な男性も数名いて、しっかり抵抗してもらうと数年前までは自分の流れが止まり、肩で重さが詰まるのを自覚していました。

流れが以前より止まらなくなり、そのぶん重さが解放されるのがわかる。

この限界を高めて行くにはとにかく体の中に重さが通る練習を繰り返すのみ。

基本練習で、型で、日常生活で、重さが通るよう通るよう。

たくさんの妖怪と共同生活し、こっそり妖怪の風呂場を使用して8本足の半透明のぬるっとした妖怪から怒られる夢を見ました。

本日も重さを通して過ごします\(^o^)/
posted by ゆりか at 08:18| Comment(0) | 日記

2018年11月06日

伸びる広がる

体の緊張が強いほど、体は縮もうとする。太極拳では膨らむとも表現されるが、力が抜けてくるとどんなときも体は伸びるとか、広がるというイメージがしっくりくる。

形としては引くとか、身を縮めるような状態であっても、質は伸びたり広がる感じがするのだ。

動きの質を養う基本練習では、収縮・膨張、閉じる・開く、伸びる・縮む、という相対方向をセットで練習するが、そのどちらも質は開放的である。

重力の通る体は縮んだ体ではなくのびのびした体だ。力の抜けたすばやい
動きは、液体が流れるような、次の段階だと気体が拡散・集約するような動きであり、何かを縮ませた勢いで起こる瞬発力、反動や反射とはちがう。

ということが実感としてよくわかるようになってきた。

今晩は重さによる引く力を練習しましょう\(^o^)/
posted by ゆりか at 19:19| Comment(0) | 日記

2018年11月05日

体も声も

力みがあり、体の部位がバラバラに働くと動きには角が出て、流れが切れる。

動きとしての角は徐々に減ってきているが、声の出し方に同じ問題がある。

太極拳や武術を指導してはや15年。レッスンにて毎日声をだし、趣味でカラオケに興じていると自分の声に角を感じる。角のある動き同様、角のある声には負担を感じる。

動きも声も角や切れ目を減らしたい。性格的な角が丸くなるのはまだまだ先かもしれませんが(  ̄▽ ̄)てへ

昨日は稽古のあとに、サッポロファクトリーで行われたカラオケ大会を観覧してきました。誰でも参加できる大会とはいえ「プロだろ」というレベルがひしめきあい。副賞の大型テレビに目が眩んで、いつか出たいと野望を抱いているのですが、レベルがスゴイ。

空体道はわたしの可能性を広げてくれます。体も声も空体道で開発し、いつしかテレビを獲得する日がくるかもしれませんよ。

明日への希望に燃えながら、本日もレッスンです。かどへらそー\(^o^)/
posted by ゆりか at 10:18| Comment(0) | 日記

2018年11月03日

左半身が

昨日レッスン前後の自主練習にて、自分の体の右半分と左半分の違いを感じた。

実は結構前から自覚はあったが、今回は回転の中でそれを味わった。

右に回転するとき、右半身はトロっと溶けるように緩み、スムーズに回転ができるが、左は一瞬固さを感じて、右ほどスムーズにいかない。

同じように動いているつもりでも左足前の方が体が浮きやすく、安定に欠ける経験もある。

今日の午後レッスンではまたそんなわたしの左右と向き合ってこよう。

おー\(^o^)/
posted by ゆりか at 13:35| Comment(0) | 日記

2018年11月01日

ブルース・リー似

この野村周平さんて、ブルース・リーの若い頃によく似てますね♪ヾ(●´∀`●)ノ

https://goo.gl/images/M53uyz


posted by ゆりか at 15:37| Comment(0) | 日記