2019年01月27日

組手も回転

最近自主練習で回転し続けているので、組手もそれでいこうと試してみました。私なりにはこれまでにない好感触がいくつかありました。いつもと瞬間瞬間の位置取りが違う、一足でより深く背面に回っている、直撃をもらいにくい、足を踏まれにくい(当会の組手では足を踏んで相手を居着かせるのも技術のひとつであり、片足踏まれても居つかず変化できるようにするのも技術のひとつ)等々。

この回転をどんどん試していき、体内に回転が染み付いたあかつきには、回転が見えないが内面が回転し続けるようになり、触れたらホンの小さな動きで相手が知らない内にバランスを崩すこともあり得ます。代表にようにです。そんなあたしになれたら、まじかっこいいっす(*≧∀≦)人(≧∀≦*)♪

さて本日もカイロやらせていただきやす!アクチベーターという手動の小型機械を使うほぐし・矯正技術を修練中です。みんなよくなれ柔らかくなれー♪ヾ(●´∀`●)ノカイロ好評でうれしーなー☆
posted by ゆりか at 13:06| Comment(0) | 日記

2019年01月25日

消えてゆく

予想も込めた話ですが、年々自分の中から消えてゆくものを感じていて、これがずっと続いていけばいいなと思う。

最近よく消えるのは思考。肉体を消す方が難しくて、先に思考が薄くなっている。その時その時の感情や考えは浮かぶとすぐにさぁっとなくなる。こんな風に動ければと願いながら回転を続けているが、肉体の存在感はまだまだしっかり。だから思うように重さが使えず技がかからないことがあるんだな。

名曲「Over the rainbow」の歌詞の中に、色んなトラブルはレモンドロップのように溶けてなくなる、というフレーズがあり、気に入っている。いつか思考も肉体もレモンドロップのようにすぅっと溶けて消えていくとき、本当に相手とも自分ともぶつからない、技を超越した技が生まれていると思う。

ドロップと言えばサクマ式。缶のやつ持ってました。

posted by ゆりか at 22:43| Comment(0) | 日記

2019年01月24日

回り続ける

最近自主練習では、とにかく回転動作を繰り返している。代表の示してくれる技をずっと見ていて、動きの核は回転と落下にあるのだろうと推測し、それ以来時間があれば回転している。そしてたまに回転しながらコケてみる。回転と落下の共存を目指してのことだがはた目には変だと思う。

空法の遠心求心をメインにして左右旋回や四方転換の一部を取り混ぜ、20分30分と回転し続けると、人の目も気遣いも自制心も何もかもを忘れてしまうらしく、気分は晴れ晴れとするが数時間後に謎の筋肉痛が脇腹を襲う。

あれ、痛い

と思うやいなや回転のせいだと理解する、というお決まりパターンをこのところ繰り返している。

今日も私の脇腹は回転により酷使されました。

あ、しっかりした筋肉育っとるのー、よしよし
posted by ゆりか at 22:48| Comment(0) | 日記

肘の思い出

八卦掌を学び初めてすぐ、肘の存在を強く感じた。それまでの人生で、肘について特段に思いを巡らせたことがなかったので、その時の感動は肘を初めて与えられたような驚きを伴った。カイロ施術においても、施術側の肘の役割は大きい。

腕が螺旋状に動く為に、肘の存在は欠かせない。腕は筋肉に沿って螺旋状に働くとき、自然と強くなる。八卦の型ではこの螺旋を嫌というほど意識させられる。それを経ているので、カイロでは掌にしっかり圧が伝達するための肘の角度が定まってくる。

腕が螺旋に動き、肩が落ち肩甲骨が下がり腰や丹田と繋がるとき、これ以外はないというほど定められた型通りに体が整う。

同じ感動は、空法の構えや開合手、左右旋回、三角転身、遠心求心のなかにも味わえる。

全身は、なるべくしてこうなのだとわかる。

今晩もまた稽古にて、そんな肉体の絶対感に溺れてこよう。
posted by ゆりか at 15:36| Comment(0) | 日記

2019年01月22日

2月練習予定

2月練習予定ですが、すべて通常通り各体育館にて月4回の練習となります。

月曜太極拳練習も通常どおり、第一週は北区体育館ボクシング室、それ以外は東区体育館。

どこの高齢者施設や病院施設レッスンでもインフルエンザ流行中と聞きます。皆さま流行りに乗らぬように〜
posted by ゆりか at 22:53| Comment(0) | 日記