2019年01月07日

理想と妄想

中国武術では意を用いることを重視する。用語の解釈は諸説あるが、意思や意念、イメージをその訳とするとして、持つべきイメージは理想状態でもある。理想状態を現実と離れて浮かべることを妄想と言うが、言うなれば妄想を現実化するのが稽古だ。

10年前に代表に初めて出合い、動きや技に衝撃を受けて「こうなりたい」と強く願ったが、当時の私が代表のごとき武術家になるのは妄想も甚だしい。

が、10年かけてあのときよりは格段に成熟している。

妄想がインスピレーションとして湧くとき、それは現実化できる可能性がある。理想状態をイメージできなければ、近づくことはできない。

妄想は現実と表裏だ。

妄想も理想もイメージもインスピレーションも大切にしよう。

妄想現実化にむけて、レッツラゴー!
posted by ゆりか at 10:13| Comment(0) | 日記

そばにいると

昨日は稽古のあとにカイロ施術を二件やらせて頂きました。施術による体の違いをアニメ(北斗の拳)になぞらえて色々表現してくださり、非常に楽しくやりがいがありました。稽古では久々にY君と組んでびっちり練習できたので楽しかったです。ありがとうございました。

カイロ施術では、20キロほどある施術ベッドを持ち運んでいます。大きいし重いので慣れないと身動きが自由にとれませんでしたが、次第にベッドと距離感が縮まり、体に密着させて担げるようになると身動きが楽になり嬉しくなって、帰りは駐車場から家まで走って運びました。

武術でも相手に重さを伝える際(投げ技、崩し技含む)に、先走って相手から離れてしまうと、重さが切れてしまう。相手と一体に動き続けて力を抜いた動きをし続ける中で流れが止まらずに重さと技がかかる。

そんなことも実感しています。どうしても、相手とは距離をとろうとしてしまうが、その距離はかえって自分を制限してしまう。距離をとるでも、無理に近づくでもなく、ただ普通に立ってそばにいて、合わせて動いていると色々とうまいこといくチャンスが訪れるもんだと思っています。

さて、愛すべき全身筋肉痛とともに仕事へ出発♪ヾ(●´∀`●)ノ
posted by ゆりか at 09:22| Comment(0) | 日記