2019年03月06日

たまに変えてみる

身体感覚というのは、主観なだけに妄想を含みやすい。体の内部が動いていると思いきや、実は腕や膝の動きを錯覚しているなんてことがよく起こる。あとは力抜いたつもりが抜いた形を作ってる、なんて本末転倒が起こる。

錯覚も繰り返すとそれが定着してしまいがちなので、たまにやり方を変える。動きやすい腕や足の動きをあえて制限していつもの動きをするよう促すと、あれ、なんか全然動けない。

そこでまた改めて動きの質や感覚を見直すのですな。

午前レッスンはそんなことやってきました。午後はまた別の教えが私の脳内に降ってきます。

フレーフレーあーたーしー

あ、雨降ってきた
posted by ゆりか at 13:40| Comment(0) | 日記

ぴっかぴか

KIMG0006.JPGKIMG0007.JPGようやく路面も乾いてきたので洗車と愛用のワコーでコーティングをしました。

札幌市内三区分走ったのにぴっかぴか(*^^*)

車体に私が映るわあ

さすがワコー
posted by ゆりか at 09:06| Comment(0) | 日記

体の探求

長年、繊細な身体感覚を用いて肉体を改造する武道を学び、最近カイロ施術をさせてもらうようになった。十代の頃から怪我だらけで、様々な治療院を訪れ施術を経験した。

その全てが体の探求へつながっている。

代表からよく言われたが、うちの武道は試合に勝つためでも人に勝つためでもなく、自分自身を探求することが目的だと。その過程で強くなったり、身を守る方法が身に付くが、それを目指しているわけではない。

体の探求には終わりがなく、限りない発見がある。

施術では、自分以外の人間の探求を垣間見ることができる。その方がこれまでの人生で体験してきたことが体に現れ、施術をきっかけに何かが変わる。武術指導もそうだが、話を聞く時間が指導より長い分、より人様の人生の疑似体験をしているような感覚をおぼえる。

人は面白い。自分も他人も面白い。何はなくとも面白さだけはいつもある。

さて、本日は太極拳からスタート。
posted by ゆりか at 09:01| Comment(0) | 日記