2019年04月15日

恍惚が止まらない

よく代表と話すのですが、操身法の気持ちよさが止まりません。私的には今は特に上下法。これだけで30分位やりたい。一人練習だとこの感覚をもとにその体の感覚のまま八卦掌のように歩くことを実際30分はやります。

まっすぐ立って力を抜いて、ゆっくり両腕を頭の上まで挙げる。そのまま全身の重さを感じて時間をとり、またゆっくりゆっくり降ろして時間をとる。

体のなかの重さの詰まりがとれ、流れと循環が促進され、真のリラックスが心身を包み込む。脳内にはピンクと黄色の光が満ちて行くよう。ヤベー奴な発言であることは自覚しながらも、これが実際の感想。

最近とみに、気持ちよさが深い。体が本来の状態に近づくと、心は勝手にピンク色になるのかもしれない。あの気持ちよさは体が喜んでいる、としか思えない。

何の理由もなく、ただただ気持ちいい。

恍惚が止まらないのです。ぷはぁーーーー



posted by ゆりか at 21:30| Comment(0) | 日記

とける

昨日は「とける」をテーマに組手に臨みました。とけて、いつか消えてなくなりたいと思います。とけるとは、 個体から液体化するような、または猫の動きの一場面のような。

とけて消える相手に技はかかりません。

感触や間合いやタイミングや意識により、相手にとって、私がとけて消えるような状態に感じることは可能なのではと最近思っています。

強くあるよりとけたい。とけるとは調和すること。

今週は生活の中でもとけていこうと思います。

あえて平仮名表記したのは、よりなくなる感が強いから。

とける
とけたい
とけよう
とけるのだぁ〜

とける動画を追加します

https://youtu.be/a37LdWGxrWM

posted by ゆりか at 09:25| Comment(0) | 日記