2019年05月11日

放しても動くのだ

稽古前の自主練習にて。今日は「重さで動く」の教えをまた違う感覚で得られました。

いつも使用している杖より短くて軽い半棒を片手一本ずつ持ち、重さを感じて動こうとするができない。2本だと情報量が増える上、軽すぎて重さをとらえにくい。試行錯誤を繰り返し時間が経過する。

次第に重さが出てきました。ふと、自分の腕はどこだろうと、半棒を置いて腕を挙げておろしてみる。腕ありますあります。

腕は体と繋がっているので、落ちるときは半円を描いて落ちる。半棒は体と分かれているから直線的に落下することも可能。手を放せば鉛直に落ちる。

ああ、放しても動くのだとまた改めて感じました。動きは重さによるから、手を放しても落下という形で動く。また持ちたいなら落下する位置に手を置けばいいのだと。軽く持ってるつもりだけど、まだまだ力抜いていい。

当たり前だがなんだか発見した気分ヽ( ̄▽ ̄)ノうぇ〜ぃ
posted by ゆりか at 23:05| Comment(0) | 日記