2019年05月18日

打撃対練振り返り

代表から打撃の威力を誉められたのに気をよくして、変遷を振り返ってみる。

代表と打撃対練をやらせてもらう、または見せてもらうとき、とにかくリズムを学びとろうとしました。

初心者のうちは均等割りの3拍子、上達するほど変拍子からやがて1拍になるから、見せてもらう各レベルを全て脳に刻みました。

リズムはわかっても、その通りに腕が動かないので一人で練習するときは手法だけをそのリズムに合わせる。段々できてきたら今度は歩法が合わないので合わせられるようにする。

同時に、威力をどう受けて足裏に流すかを試行錯誤した。はじめはついていけないので、受けるつもりだが間に合わず、体をやや後方に反らせて死に体でうけてしまう。それを時間かけて全身に通し、受けた瞬間に足裏に通せるよう、すなわち全身で受けられるよう改良を重ねた。

その中で、もらう力を次の自分の動きにどうつなげるのか、一人練習でイメージしながら試行錯誤した。

これを何年も重ねて次第にわかったのは、重さが前足裏に落ちるタイミングが打ち出すタイミングであること。ここまでくると打ち出しと当たるのがほぼ同時に近づく。※私のはまだ不充分ですが。

上半身と下半身が一体になると着地がそのまま威力につながる。

さらに最近わかったのは、膝に乗る感覚の着地がより推進を止めずに全身性を増すこと。

この結果が今の威力につながった。

ま、対練の流れの中で導かれて出る威力なのでまだ一人では出せません。そこは要練習。

打撃対練は形を覚えてからがはじまり。いろんな気付きが出てくるモンス。

さて、太極拳レッスンからスタートいたしやす!
posted by ゆりか at 13:41| Comment(0) | 日記