2019年08月27日

静寂

手に引っ張られず、足が居着かず、思考に囚われない時、偏りのない動きができる。偏りがないとは、バランスがいい、自然なこと。

カン先生(ドラマ燃えよカンフーの師匠)もおっしゃる。動物に学べ、偏りのない、自然な動きや生き方を、と。肉体を通じて心を磨く。敵の力に打ち勝つ強さではなく、己の内なる意の力を強くするのじゃ。何よりも静寂を重んじなさい。※かなり雰囲気による意訳

はああぁ〜師匠〜( ;∀;)


と、代表とともに感動して観ました。燃えよカンフー。

さて、気功体操いってきまんもす!
posted by ゆりか at 13:47| Comment(0) | 日記

オンオフ

スイッチを急激にオンしたりオフしたりするのが苦手だ。できればずっとオンとオフの中間でいたい。

この性格が空体道には幸いした。とはいえはじめは自らオンオフを不必要に制御不能状態で切り替え、無駄に消耗していたのがわかる。

オンオフのない動きは淀みがなく、急加速もなく、部分ではなく全体である。

今朝のレッスンはいつもよりそんな心身でできた。午後からはどうかなあ。
posted by ゆりか at 11:27| Comment(0) | 日記

何よりも

自分が子供の頃は、大人になるほど身の回りの出来事に対する心の処理がうまくなると思っていた。

でもいざ大人になってみると、自然にうまくなるというわけにはいかないこともわかる。歳が進むほど、思うようにならないことが増えるから、ただ単に振り回されているだけなら年々苦しくなる。

武道を通じて、より楽でよりよいありかたを身に付けていきたいし、身に付けつつある。少なくとも、自身の囚われに気づくことは増えた。気づくほど、手放せる。

皆が武道にそこまで重きを置いてないのかもしれないが、個人的には、みんな楽になれ〜という思いで指導している。

楽になることは可能。気づくことから始まる。体を通じて、相手や自分を通じて気づく。

そんな風に静かな朝を迎えたが、脳内に

年1でパン1(年一回、パンツ一丁になる)

という言葉が巡っているのに気づいた。なんの囚われなんだこれは。。。

レッスンで口走ってしまいそう(* ̄ー ̄)
posted by ゆりか at 09:05| Comment(0) | 日記

2019年08月24日

ふと消える

本日格技室自主練習では、全てを飲み込む(受け入れる)という心持ちで動きました。武器も肉体も、全てを飲み込もうと。

飲み込む、とは、漫画「修羅の門」の空手の究極段階「因果を飲み込む」というイメージから連想しています。

いつもしている杖や半棒に、少し変わった感触が生まれました。特に半棒には、度々ふと消えてなくなる感じがありました。体も棒も一瞬消えたように感じます。

代表に話すと、それはいいことだよ。俺も自分の重さは感じないから。消えてるときは棒と一体になっているんだよ、とのこと。

なるほど。重さを感じようと努め、重さで動くよう心がけてきましたが、あれはなくなるのだ。重さが感じないほど重さと一体になるのが望ましい。

フムフム

まだ一瞬が数回ですが、よい兆しです。

明日も練習できるぅ〜(*´∀`)ふぅっふ〜♪
posted by ゆりか at 22:17| Comment(0) | 日記

2019年08月21日

9月練習予定

9月練習予定です。

日曜日練習は5週目がお休みでその他通常通り。

土曜西区体育館と木曜中島体育センターも通常通り。

月曜日東区体育館練習のみ変更があります。通常第1月曜日は東区休館のかわりに北区を利用していますが、9月は5週あるので、東区体育館を使用できない第1月曜日をお休みとして、第2週以降5週目までを全て東区体育館で行います。

月曜日所属会員さんには個別連絡をしますが、振替参加の方々はご注意くださいませませ。
posted by ゆりか at 19:26| Comment(2) | 日記