2019年09月03日

武道と歌声

力を抜いて重さで動く空体道は、加齢による衰えが出にくい。素早く、強く、猛烈に動くものは、あらゆるオリンピック競技をみてわかるように年齢制限がかなりある。それは怪我によるダメージ蓄積もあるが、筋肉自体が加齢により脆くなるからだ。

脆くなる筋肉をできるだけ大切に、酷使せずに動くには、脱力による全身の動きが肝要。

かといって脱力はオリンピック競技には向かないので、脱力の達人がオリンピック競技者に優越するわけではない。

昔からスポーツ全般に無関心なので、世の中のオリンピックムードとは距離がある。

オリンピック終わったら、一転して脱力ムードにならないかなあ。

ちなみに歌声も、加齢とともに変わる。昔は若いシンガーの力強い歌唱力が好きだったが、年々ジャズボーカルが好きになる。

ペギー・リーがたまりませぬ。ジュリー・ロンドンにナンシーシナトラにヘレンメリル。最近だとノラジョーンズやダイアナクラール。ダイアナはピアノとセットの声ですが。手嶌葵のジャズも素敵。

息の含有量が多い脱力系スモーキーボイスがツボです。男性ならトニーべネットがうまいなあ。80越えてなお、デュエットアルバム出しましたが、どれ聞いてもかっちょいい。キンキン声の私も加齢により少しずつスモークがかってきたかな。

車中リサイタルが止まりません。あ、カーラーはずさなきゃ。
posted by ゆりか at 19:31| Comment(2) | 日記

カーラー

頭頂部から少し後方にくだり、つむじがある。つむじから下方にわたり、非常に強い意思をもって髪の毛を左右に割らんとする力がある。いつも行きつけの美容師さんが素敵な髪型にしてくれるのに、この後頭部の割れ癖が、髪型の素敵さを減少させる。ショートヘアは後頭部が命なのだ。

仕事の前にはいつもカーラーを巻いて割れを結合させ円いシルエットに仕上げるべく努力はしているが、いかんせん癖は強し。

最近脳ミソと精神がリラックスしすぎて、カーラーをつけたまま出掛けそうになる。

レッスン中、皆さんに背を向けて見本を示す際に、ふとカーラーがついたままになっていないか髪を触る癖がある。

どんなに磨きあげた動きをおみせしたとしても、オバタリアンのごとく頭にカーラーがついていたらと思うとたまらない。代表の武道を貶めないためにも、頭のカーラーは取るよう強く心がける。

ただいま車中休憩中もつけてます(* ̄ー ̄)出るときははずしますように。未来の私に祈るばかり。
posted by ゆりか at 18:47| Comment(0) | 日記

根本から

先日の日曜稽古映像を見ていて、代表の体と自分の体の違いをなんとなく理解しました。

まっすぐ立って動く、いわゆる最小限の動きで最大限の重さを発揮し、向かってくる相手に実力を出させない、ほぼ触らせもしない段階を示してくれました。

自在な変化の技術の後にこれを習得しないと護身術にならないので普段はとにかく変化を示してくれますが、ちょうどその日は黒帯しかいなかったのでレベルアップバージョンをだしてもらいました。


代表の動きは小さいが、体が根本から動いている。私のは比較すると表面的。根本から動いているから対面するとものすごい勢いと速さと威力や圧を感じますがはた目にはそう見えない。

力む可能性があるので危険ですが今週レッスンの内功ではより体内根本から動いてみます。

どうなることかな
posted by ゆりか at 13:24| Comment(0) | 日記