2019年09月08日

なにもない

本日稽古にて。代表から体験させてもらう重さは見た目のさりげなさとは裏腹に、瞬間に爆発的に強力です。

掌に突如、はるか上空から重いものが落下してきたかのような衝撃。

そのときの体の感覚をあえて説明してくれると、


なにもない

だそう。見てると「そうなんだろうなあ」とは思いますが、そう言って去ってゆく代表を切なく見送りながら、弟子仲間と共に軽く絶望します(笑)

ただ、わからないなりに心底「効かせること」を諦めてそうイメージして動くと、初動の伝わり方(重さ)が増すとのこと。

マトリックスでスプーンまげの超能力少年が言っていた

スプーンを曲げようとしたら曲がらない。必要なのはスプーンはないと知ることだよ 。

と通ずる。そういやあの少年も代表と同じスキンヘッド。説得力がある。

実は昨晩自主練習でも、杖がないと思いながら杖の自由舞をしました。いつもより軽やかに、肉体をさわやかに感じた気がします。

この教え、面白いです。
posted by ゆりか at 18:49| Comment(0) | 日記