2019年11月29日

全てが動く

昨晩の稽古にて。

後ろから抱きついた相手を、崩し投げる技を様々な状況で学びました。

立って、座って、片腕を使って、全く腕を使わずに等々。動かせる場所が減るほど難易度が上がります。当然、正座して後ろから拘束されるのが一番難しい。

軽くジャンプして体を一旦落とす裏技を使えば屈強な相手にもかかりますが、現段階では裏技なしではかかりません。

出来たときと出来ないときの違いは、いかに力が抜けた全身で動けるか。一見動いていない足や捕まれている部位自身、その他全てが囚われなく動くとき、重さが技になります。

まだまだ自在にはできません。

本日もより力を抜き、より全てが動くよう、レッスンへ行って参ります。
posted by ゆりか at 09:41| Comment(0) | 日記

2019年11月28日

通すだけ

体に意識、平たくいうと思いを通して動こうと、健康法レッスンでは促す。お体に不自由な方にとり、運動は苦痛を伴う場合もあるから、わたしの見せる動きを形そのまま真似るのではなく、体との対話を通じて、これなら気持ちよく動ける、という範囲で変形していいのだとも話す。

でもなぜか、様々な痛みを訴えていた方々が、示す通りの動きができるようになる姿をよく拝見する。

意識や思いで支配するのではなく、ただ通すと融通が効くのかもしれない。

体は良くできている。不自由のある方ほどそれを体現して見せてくれる。

こうしたレッスンは神聖なものに触れている気持ちにさせられる。

本日は寒いすねー
体動かして温まりましょう〜\(^o^)/
posted by ゆりか at 09:33| Comment(0) | 日記

2019年11月27日

やわらかな流れ

KIMG0038.JPGKIMG0037.JPG図書館で画集を借りてきました。ルノワールの女性像はやわらかいですね。やわらかいし、流れがあります。

女性のこういうしなやかさを活かすことができるのが空体道のいいとこです。

うつくしひ
posted by ゆりか at 09:09| Comment(0) | 日記

通る体

昨晩のフィットネススタジオレッスンでは、通る体の検証を行いました。

太極拳でまっすぐ立つ体を養い、実際にその体から生まれる強大な力や、押し負けない安定性を確認します。

合理的な体の構造バランスにより、一部に頼らない、全身のほどよい筋力と体重を活用した力は負担がなく強力。

年々、体に負担をかけたくなくなる。繊細に養う体は、繊細に様々な影響を受ける。負担にも敏感になる。

久々に力強い男性陣にもそれを体験してもらったが、以前より負担がない。負担はがないが抵抗感は感じる。

そのぶん今後もっと楽になるのも想像がつく。

より楽になり続ける明るい未来のためにも、本日も楽にやります。

レッスンへゴ〜\(^o^)/
posted by ゆりか at 09:05| Comment(0) | 日記

2019年11月26日

87歳か

先日蕎麦屋で読んだ雑誌で、五木寛之のエッセイを読んだ。御年87だという。病院に行かずこの年まで来たそうで、不調を感じたときには自己流の呼吸法や工夫で治してきたそうだ。独自の健康法について本で読んだことがある。

空体道を学んで、より体を感じられるようになっている。漢方薬をもらいにかかりつけの病院へは気軽に行く方だが、セルフメンテナンスを重視する点共感する。しかも私の倍以上歳上だし。

空体道の上達の過程は心と体を楽にする過程と同じになる。自分の体のわだかまりをときほぐし、対人で自然に動ける体にはストレスがかかりにくい。

重力と調和した体には、何をするにも頑張る努力があまりいらない。このまま87までより力を抜き続けていたい。

87歳まで、私より代表の方が近い。代表87歳、わたし67歳、今と変わらずぶん投げられている気がしてこわい((( ;゜Д゜)))

ちなみに生徒さんの中には元気なスーパー87歳が実際いらっしゃるので、リアル(^w^)
posted by ゆりか at 19:31| Comment(0) | 日記