2019年11月11日

呼吸のように

吸うと吐くが単独では存在し得ないように、体の動きや働きも陰陽両面で成り立っている。

ここが伸びればここは縮む、ここが開けばここが閉じる、ここが力めばここが萎える

そんな全身のすべての機能を意識でコントロールするのは難しく、脱力により、重力により実現するのが空体道の教え。

ただ、人は皆忙しく、体に向き合う物理的時間や精神的余裕を持つのが難しい。(私は暇人なのでそればかりやってますが)

練習の時に少しずつ少しずつ意識を向けてみよう。コントロールするより気がつくこと。今ある体には様々な情報が詰まっている。耳を傾ければ聞こえてくる。

なんかそんな話をする機会が最近多いな。

武道のいいところは、対人稽古で検証できるところ。改善点と課題がいつもリアルに表れる。

今日もぼんやりと真摯に取り組もう。
posted by ゆりか at 10:14| Comment(0) | 日記