2019年11月16日

重さの歩き方

夫婦でよく行く焼き肉バイキング店にて。何度も食べ物の皿を持って往復するので時おり互いに歩き方に注目してしまう。お腹も膨れてきた中盤以降、ふと異質さを感じて通路に目をやると、重さが歩いている。歩く振動と全身の連動で体のすみずみが自然に流れを生じ、生命が躍動する。

なにより確かに体重を感じる足と床。肉体を超えて空間を感じる重さの歩み。

素晴らしい歩き方です、と伝える。

別に分析しようとしてるわけではないが、重さの通る立ち方や歩き方が視界の端にでも気配で感じると、目を向けてしまう。

バイキング店でも重さは変わらないのです。

んまかったす

今日もにゃんばろー!お〜!\(^o^)/
posted by ゆりか at 10:47| Comment(0) | 日記