2019年11月18日

動いているところは

動いているところを動かしているのはその部分そのものではない。

足を振っているのは振っている足ではないし、打ち出す拳を打ち出すのは拳自体ではない。

体を動かしているのは意識だし、意識を変えるのは体なのかもしれない。

全体として存在していることを体感する。

ありがてぇ。

健康法レッスンの最後に、今日も頑張ってくれた体に感謝を込めて全身に触れる、手が届かない場所には気持ちを伝える、という収功をやる。様々な病を持つ車椅子の男性が、

これが好きなんだ。昨晩も寝る前にやったよ

と話してくれた。

素晴らしすぎます。

私がいられるのは皆さんのお陰なのだとまた痛感する。すぐ我が出てきて暴走するけどm(_ _)mしみません
posted by ゆりか at 10:17| Comment(0) | 日記

ずれるまっすぐ

昨日の稽古にて。まっすぐの体でいることの可能性をまた感じました。回転を伴う崩しをやる際に、少しでも胸と腰がずれると、効きが半減する。

形ではなくまとまりとしてのまっすぐが通ると、全身は一体として能力を発揮する。

意識してるつもりですが、より繊細にやらねば。

先日温泉で体重計に乗ったら、予想に反して増えていました。体のバランスが変わり、全体としていいなあと思っていたのでまさか増えていたとは。

ようやく最近、全体のバランスが整ってきてこの体重なので、このままの体型で40代を貫くかと。胸が「胸板」と表現したい次元になってきているのもご愛敬。

本日もまっすぐレッスンです!
posted by ゆりか at 09:19| Comment(0) | 日記