2019年12月31日

よき年末

この年末は自主練習が進んでいます。よき年末です。

けじめをつけず、切り替えをせず、いつもどこでも空体道の教えと共にいる。来年はよりそうなりそうです。

よおおおおーし!どんとこい!新年ーーー♪ヾ(●´∀`●)ノ

多分もう寝ちゃうけど

皆様来年もどうぞよろしくお願いいたします!


posted by ゆりか at 23:08| Comment(0) | 日記

2019年12月28日

重さがわかる母

午前レッスン終わって、実家やらその他用事で札幌市内を車でぐるぐるしています。

実家で何となく突きをしたら、母に

重たいなあ

と言われました。健康法的な学び方ですが母もうちの武術を長く学んでいるのでわかるようです。重さが見えるの?と聞くと、

いつもゆりかにぶん投げられてるからなあ(※練習で)痛そうな突きや

と。その後形意五行拳をしていたら、

あ、それ先生のお弟子さんたちがやってはったやつや

とも。形意もわかるのか。母、なかなかやるじゃないか。

その後私の日頃の言動が男子高校生のようで、四十才既婚女性のそれとは思えない等と指摘をされ、突きに夢中で全く聞いていないといういつもの展開に。

やー、今日も善き日だ( ̄ー ̄)
posted by ゆりか at 14:04| Comment(0) | 日記

隙間を空ける

昨日昼のレッスン中、動きながら話ながらふと思った。

重力を通す体とは、通る隙間を空けることかな

と。通すことに意識を向けていた時期より、体の中がぽっかりと詰まりのない虚ろになっている時の方がまっすぐが通っていたり、全体で動けている。

隙間を空けるのに最適なのが腕振り足振り体振りだ。特に今は足振りの絶大なる効果を実感中。

足の重さが体を伸ばしてくれる。

本日ラストレッスン&稽古おさめ。足振りまくってきます\(^o^)/
posted by ゆりか at 09:56| Comment(0) | 日記

2019年12月27日

映像の人

車の中で代表の自由舞等映像をかけている。見るともなくしょっちゅう見ると体に染み込んでいく作戦だ。

時おり脳内が誤作動して、代表を

映像の人

と認識するらしい。家庭内で、稽古場で

あ、映像の人だ

と驚く自分がいる。

夫だっつーの

てへ
posted by ゆりか at 09:46| Comment(2) | 日記

偶然の技

後輩を組手で導く際に、偶然入る形で技を学んでもらうようにする。私から変化して相手の動きを引き出し、慣れてくるとある技の一部となる腕の絡め方、足の密着の仕方、タイミングや位置取りが出てくる。

本人も無自覚にやっているので技として完成するにはあと少し修整するいい、というのを拾って指示して、気持ちよくかけられるのがツボ。

まだ慣れておらず、攻撃意図や作為のない人の動きほど、絶妙な入り方をするが、いかんせん本人もわかっていない。そうなると私の体が

かけられたい

と、ウズウズする。修整通りに素晴らしくきまると、受け身をとりながらニヤニヤする。自分の技がかかるときより恍惚が強い。我ながら気持ち悪いですね。

これまでは白帯にのみこう動いてましたが、来年からは誰に対してもこうしてみようと思います。もっと引き出して、もっとかけられにいく。

今日と明日も稽古があります。いぇ〜\(^o^)/
posted by ゆりか at 09:09| Comment(0) | 日記