2020年01月04日

まとまりと解放

本日稽古前の自主練習を撮影して代表に見てもらいました。

年末年始ずっとやっていた突きはかなり改善したと。重い突きになりました。形意拳全部やりましたが、体のまとまりが増している一方で、内側に凝縮しがち。より力を抜き、解放方向へ向かうように

との課題でした。内向き凝縮方向のまとまりは、力みにつながりやすい。変化も限りが出てくる。この体の全体性をより自由に、より空間に広げるよう開発すること。もっと重さと共に動き、技の効きを高め、技なき技へと向かうのだ。

確かに代表と私の動きを撮影して見ると違いが一目瞭然。

今年はより解放へ向かいます。

楽しみだのぉー\(^o^)/
posted by ゆりか at 22:45| Comment(0) | 日記