2020年01月12日

みんなで楽を

本日はありとあらゆる歩く動作の中で足を緩めるよう心がけました。一番長かったのは犬の散歩で、かなりいい感じで足の脱力が進み、全身がより自由で、かつ重くなりました。

時おり形意拳のようにコン歩しながら歩いたり、換歩したり回転しながら何をしてもとにかく足をゆるめる。

腰や背中や肩の脱力が進むのは勿論、股関節や仙骨や内側の細かい隅々が自然に動いているようでした。

これが体の自然な働きだとすると、いかにこれまで無理やり体の部分部分に動作の急開始や急停止を強いていたかと反省します。この先何十年も毎日酷使を繰り返せば痛むのも当然。

体の本来あるべきチームワークに任せたい。いい意味で分散、分業し、誰も頑張らず、みんな楽でいてほしい。そのためには一にも二にも脱力脱力です。

明日もみんなで楽をできるよう力を抜きます。

みんなで楽をしよう、くーたいどー!おー!\(^o^)/
posted by ゆりか at 22:48| Comment(0) | 日記

見える見える

興奮が冷めず、空体道教材の自由舞を見ていました。以前見えなかった、より繊細な力の抜けた質が見える見える!

代表の足、ものすごい脱力しています。詰まりがなさすぎて透けてます(嘘)

一度でも代表から蹴られたり踏まれたり、足払いされたり、壁みたいに安定した体に触れるとみんな誤解するのかもしれない。

代表の足は鋼鉄みたい

と。私自身そうだった気がする。でも自分が前より抜けると質が見えてくる。

ものすごい脱力だ。

全身が均一に脱力すると、見た目は全身が統一してまとまって見える。体験した威力も後押しして、目指すべきは威力、とか固さ、みたいに頭のどこかで誤解するんだな。

今なら少しは見える。代表の脱力。

うほー!
posted by ゆりか at 03:06| Comment(0) | 日記

進化した

今晩の自主練習でかなり進化できて、嬉しくてなかなか寝付けずにいます。

やはり足の力みが様々な原因になります。私の場合特に膝の力みが重さで動き続けるのを邪魔しています。徹底して抜き、ずーっとコケる寸前状態で型や自由舞をやり続け、映像で確認したら昨日までとは別人です。重さによる、断絶のない、全身の動き。

この体が体質化し、誰とでもこの状態で組手ができれば、ミニチュアではありますが今代表が示してくれているものが体現できる。確信しました。

初めて代表と自分の動きが重なって見えたなあー。本当に先生になれるのかあ!いつかないつかなあー!

だめだ、書いてたらまた興奮が。

くうううう〜

嬉しい!

まだまだ先ですが絶対なれる!

また練習したくなってきた〜

連日やりすぎ。休めなきゃな。

でも嬉しい!

ひひ
posted by ゆりか at 02:44| Comment(0) | 日記