2020年01月14日

不利を活かす

先日紹介した漫画

鬼滅の刃
にしろ
シグルイ

にしろ、武道を極めるにおいて、各人が持っている不利な条件を強みに変えた者が高みに至る描写がある。たくさんの技を覚えられない分、1つの技を極めるとか、片腕しかないからそれに適した技を編み出すとか、頭が大きすぎて刀を振りかぶれないから、逆に下段を極めるなど。

私の場合、はじめから代表に体格や圧力でどうにかならない分、しなやかさを活かせと言われてきた。不充分ながら、変化するしなやかな組手を学びつづけている。突き詰めると、それが体格や圧力による能力を上回る可能性がある。今はまだまだですがね。

こうしたいい漫画を読むと改めてまた、教わっている武道の価値や有り難みを実感する。

不利を活かす。不得手を活かす。自分を否定するんじゃなくて、仲良くなるほどあるもの全てが力になるんだな。

レッスン会場更衣室でまた一人、ジーンと胸を熱くする。

くう・たい・どう・・・(薬師丸ひろ子調にしてみました)
posted by ゆりか at 19:10| Comment(0) | 日記