2020年03月02日

なにものでもない

今、なにものでもないことをじっくり味わっている。特に何の役にも立たない、特に何の存在意義もない、優れても劣ってもいない、なにものでない単なる人間。それがなんと素晴らしいことかと感じ入る。

ああ、自由だなあ

ひゃっほぅ(о´∀`о)
posted by ゆりか at 16:22| Comment(0) | 日記

立つ歩く

昨晩部屋で立禅や歩法練習をしていて、本当に武術の要素は立つ・歩くに集約されるのだなと思いました。全身の筋肉や骨格のバランス、動きのバランスが立つ・歩くに象徴される。

空体道において、そこを疎かにして動きや技の精度は上がらない。

買い物に行くために歩く、仕事へ向かうために歩く、バスを待つために立つ、犬の排泄を待つのに立つ、人はいつも目的を持って立ち、歩いているので、立ち歩くこと自体の性質を見過ごしがちだ。

立ち歩くこと、それ自体を目的に時を過ごしてみると、日頃気づかない可能性が見えてくる。

体はもっと自由でよく、もっと力を抜いていいのだと。
posted by ゆりか at 10:07| Comment(0) | 日記