2020年03月09日

他通じて自

各施設のコロナ対策により、日常レッスンのいくつか&稽古が休みになって一週間。代表と過ごす時間が増えている。この機会に様々な質問をし、また胸を借りて練習をしている。

長年弟子をやっていて思うのは、代表の技術を習得するには考え方を知ることが大切。幸いブログに書いてくれるから私だけでなく会員の皆さんも代表の考え方を知ることができるし、それを通じて、空体道練習体系がどう作られているか理解することで学びの質が格段に上がる。

代表の考え方を知る度に、自分の考え方を再認識する。代表を通じて、自己認識に至る。代表を目指しまくることで、よりよい自分になれる。そのことを、より濃い対話を通じて実感している。コロナ肺炎は困り者だが、この時間は期せずして得た副産物だ。

何かを目指すことは、一時期は盲目的に自分を後回しにして猛進することでもあるが、それを通じてより深く自分を探求することになる。代表がいつも言うよう

自分自身であれ

という思想が、空体道に根付いている。人は自分だけでは自分たりえないのかもしれない。他人様を通じて無意識レベルの自分を知る。だから対人稽古が重要になる。

学び続けて「代表すげ〜!」の思いが強まると同時に、自己愛も強まる。

オ〜ゥ!アイラブミ〜(о´∀`о)

コロナで得た時間を、大切に使わせて頂こう。
posted by ゆりか at 09:17| Comment(0) | 日記