2020年05月14日

あるべきは

昔の中国の話。狭い牢屋の中でも毎日研鑽を欠かさなかった医者がいた。(政治的な理由で牢屋に入ったらしい。後に気功の練習体系を創った人)

なくていいものは極力減らしながら生きている。何がなくていい、何があるべきと突き詰めた結果、己の内面の静寂が人生最優先事項だと結論したのは数年前だったかな。それにむけ、自粛期間を有効に活用させてもらっている。牢屋で一人稽古を続けた古の医者を思い描きながら、どんな環境や状況であれ内面の静寂が味わえる心身を目指す。

脱力の武道は私に心身両面からの改良を促す。感染者が減ってきて自粛は解除の方向へ向かいつつある一方で、私はまだまだ目指す境地にほど遠いが、一歩一歩進んでいる。

今から暗闇立禅に入ります。
posted by ゆりか at 19:23| Comment(0) | 日記

大分全身一致

数日前から何となく自主練習に加えていたのがエンドレス左右法。左右への回転(転身)動作を飽きるまで尽きるまでやり続ける。回転は、投げにも打撃にも必要不可欠。

ついさっきもエンドレス空法からのエンドレス左右法に入り、一時間以上すぎてくると段々動きにアドリブが出てくる。その場による、至近距離の短い打撃の動きだ。体がまとまり、拳と背中と足の裏まで全てが大分一致して動く。調子に乗って速く連打しても一致している。歩法もその場で自在に変化する。そこそこ重そうな突きだ。

嬉しく全身一致を楽しんで気づいたらまた結構な時間が経つ。

フムフム。またやろ。いつもと違う変なとこ筋肉痛になる予感ですが、これも成長痛ですな( ´∀`)
posted by ゆりか at 18:05| Comment(0) | 日記