2020年07月06日

覚醒

心身に不調を抱えている方が急激に覚醒するのを目の当たりにすることがある。覚醒というか、人間本来の能力なんだろうと思う。つい先日も、レッスン休憩中にそれが起こった。

武道をやりこんだ人はわかってくれるはずだが、いわゆるスポーツの世界で高く評価されるような力強く、若さのみなぎる、筋力の最大活用の動きとは正反対の、地味で一見見落としてしまいそうな、体内で全てが調和した全身統一の動きを、視界のなかでされると、自分が日頃から目指しているものだけに、強く惹き付けられる。

立つことも会話することもままならない方だったが、太極拳のような、武道のようないくつかの動きを一人静かに繰り返している。長くレッスンに参加してくれているが、レッスンではお伝えしたことのないものも含まれる。私がしていたのを記憶したのか、自然に発生した動きかは不明。


うっわ!すごい!いい〜動き!

と、思わず近くにいた施設のスタッフさんに話しかけたが、武道をやりこんでない方からしたら、「単なる何てことない動作」であるらしく、「はぁ・・(?)」という気持ち半分で愛想笑いを返してくれた。

勿論、あの方は対人稽古などしたことがないから、護身術で使えるとは思えないが、対人でできれば間違いなく有効な動きかたでした。体に不調があるからこそ、完全に無理のない、自然な動きができたのでしょうか。興奮覚めず、感動について軽く話してから続きのレッスンに入りました。

人の可能性とはこういう驚きを含むもの。さ〜!今日も可能性に問いかけてきますよー!
posted by ゆりか at 09:50| Comment(0) | 日記