2020年08月30日

立ち方の質

SNSプロフィールを新しくしようと昨日撮った代表と私の写真。立ち方の質が似ていることに気付き、嬉しくなって書いています。静止画像で動きの質を見極めるのは難しいですが、立つ質は表れやすい。ポーズとアングルが違えどこの立ち方は代表に似て、空体道に求められている立ち方です。この立ち方から重さの動きや技術が生まれます。数年前は、ふいに撮った写真にて、代表との立ち方の差にショックを受けていたものです。変わってきてるーー(*≧∀≦)人(≧∀≦*)♪

20200829_175904_Burst01.jpg20200829_180112.jpg
posted by ゆりか at 19:38| Comment(0) | 日記

体は裏切らない

昨晩は代表と自主練習に出かけました。ついでに自由舞なども撮影しましたが、本人の「なんとなくうまくいかない」思いと裏腹に、映像を確認するとかなりいい。代表からも撮影の段階で「全体性が増してきていていいぞ」と誉められていましたが、映像確認して納得。なるほど。多少意識レベルに不安定さがあっても、ここまで執念深く(笑)やり続けている稽古の成果というのは、裏切らずに出るものですね。体は意識を超越していい感じでいてくれるものですね。
うれしす(*´∀`)♪
posted by ゆりか at 10:43| Comment(0) | 日記

2020年08月27日

スカスカとミチミチ

昨晩の自主練習(自由舞)映像を確認した。努力の方向性は間違いないが、代表と似てるのはほんのわずか。先週より改善はしているが、見比べると密度の違いが明らか。備わる重さの桁の違いがそのまま出ている。比べるとスカスカ。

スカスカだからこそ、これからミチミチに向かえるのです。力みのミチミチを経て、ゆっくり消し去る作業を経てのようやくのスカスカ。これからまた人生をかけてスポンジが水を吸うがごとく満ちて行くはず。そのためになにをするか、これまでと何も変わりません。脱力とまっすぐ。

よおおーし!( ・∀・)ノ

ちなみにこの代表のミチミチ密度というのは、うまく表現できないが体内を内側から支える力のように感じる。筋力も勿論だが、それだけでは説明できない何かが猛烈に代表の体内を支えている。これは稽古の積み重ねでしか身に付かないもの。多分これに体を委ねているからより安心して力が抜けるのだろうなと予測する。私にも最近ほんのすこし生まれてきたからそう予想する。まだ生まれたてだし少ないんですけどね。これがミチミチになると体格や性別や年齢を一旦超越する段階に入るはずだ。そこから先は命が間に合う限り磨いていく。たのぴ〜!
posted by ゆりか at 13:30| Comment(0) | 日記

裏返る服

洗濯機から上がってくる私のTシャツは99%の高確度で裏返っている。何度か夫様からご指摘を頂いていたが、不治のまま経過すること数年。本日も裏返っていました。

ははー、また全部裏返ってる〜

と話す私に対して、呆れを通り越し熟成を経て厳かさを伴うに至った夫様の声が、隣室からこう発せられた。

いつかは戻さなくちゃならないんだよ。

と。確かに。着るまでのいつかの時点で戻す必要がある。

着る時に戻す!

と返すと、それもよし、と受け入れてくれた。

本日もよき日です( ̄ー ̄)
posted by ゆりか at 13:12| Comment(2) | 日記

2020年08月26日

出来るだけ動かない

私が今できる中で代表の自由舞の重さや全身の統一性にやや近いのが、定歩(足を止めて)の打撃だ。足を動かし始めると、重さと統一性が減りバラバラが増す。今晩自主練習では、いかに定歩に近い自由舞ができるか試してみた。

すると組手の際の代表の動きのイメージと重なる。組手の際、代表はまっすぐ立ち、普通に動く。そこに強力な重さが備わっている。私はまだまだ技術も磨かないといけないから、普段の組手はより全身で大きく動くようにしている。

が、試してみようと思い立った。小さい自由舞のように組手でもあまり大きく動かないように。より打たれるかなと思ったが、普段程度には対応できている上、安定感は増した。

あまり動かない自由舞と組手は、まっすぐが高まるかもしれない。またこれで自由舞をやってみます。
posted by ゆりか at 22:49| Comment(0) | 日記