2020年09月19日

ソニカちゃん

この度縁あって、ソニカちゃん(車)を嫁に迎えることになりました。DAIHATSUのソニカちゃんと相愛になるまで、これまでに様々な軽自動車に乗らせて頂きましたが、辛口評論家をもってして、コンパクトカーを上回ると言わせしめる走行性能の総合的なハイレベルさを体感し、加えて上質この上ないシート、無感情で誰にも媚びないシンプルすぎる顔面、全てにおいて心底惚れこんだ次第です。

あまりに好きすぎて親族にも熱く勧めたところ購入のはこびとなり、今後納車する夫のソニカちゃんも含めて(夫のソニカちゃん愛もかなりのもの)、身のまわりに三台のソニカちゃんズが近々集結します。

普段愛犬以外は写真を撮らないタチですが、三台並んだソニカちゃんズは是非カメラに納めたい。今からうきうきが止められません。

本日も一日ソニカちゃんに揺られて幸福に過ごしています。

多少歳を重ねた嫁(車)ではありますが、いつか写真にてご紹介したいです。

ゆりかちゃんの嫁はソニカちゃんです。
posted by ゆりか at 17:23| Comment(0) | 日記

不調を活かす

自主練習内容をどう決めるかは様々な方法がある。先生が教えてくれたこと(ブログ内容含む)を復習したり、研究するのもひとつ。今感じる不足を補うべく課題設定するもよし。あとは、その時の自分にある、不調な部分に問うもよし。

体力が失われているなら立禅など静かな練習内容を、体にアンバランスを感じるなら歩行練習、自由になりたい欲望を感じるなら自由舞、精神が穏やかでないならそれを活かして速く動いてみる、固まっているなら脱力に特化して体ゆらしや体ゆすりを長時間やり続けてみる、等々。様々な気付きと変化が起こる。代表の武術をはじめてから長年の体質的不調が劇的に変化してきたのはこのためだと思う。

元気だから練習する、というモチベーションでは、続かない。人間は浮き沈みする生き物だ。空体道は脱力の武道なので、どんな不調なときでも動くことができる。

恵まれた条件の人間だけが伸びるのではない。不利があるからこそ取り組むチャンス、と空体道は教えてくれる。
posted by ゆりか at 12:52| Comment(0) | 日記

自主練習の魅力

本日はお仕事盛りだくさんな一日ですが、半分が終わりました。次のレッスンまで待機しながら、今晩の稽古前自主練習に何をするか、うきうき思案しています。

自主練習は何よりの自己解放になる。自主練習に味わう快感に勝るものはない。自主練習が充実するからこそ、稽古の吸収も上がるのを知っていて、それも含めての精神的絶頂。よりよい自分に向かう、確かなプロセスなんだな。

練習内容は特に思い付かないので、その時の体に任せることにしよう。何でも好きなことしていいんだよ〜!と己に言うと、お〜!と応える。
posted by ゆりか at 12:37| Comment(0) | 日記