2020年10月27日

プロセス続編

非力のプロセスについて書いたが、脱力の体を手にいれるために経てきたもの(手放したもの・得たもの)が他にもあるような気がして書いてみる。

「手応え」はないほうがいい
「これまで知っているもの」とは切り離したほうがいい
「叩いた・崩した・技がかかったまたは、叩かれた・崩された・かけられた」など結果への思いはないほうがいい
「どう動くべき」という思考の枠組みは手放したほうがいい
「こうしよう」という明確な意図はなくていい

これまで「ないほうがいい」シリーズを挙げたので、ではどうあれば脱力しやすいのか。

のびのびやる
立つこと・動くことの喜びに酔いしれる
組手は楽しむ
特になんの理由もないが気持ちいい、という時間を大事にする
俺は自由だあー!と空に向かって叫んでみる(これは嘘)

そうこうしているうち、脱力は瞬間芸ではなく体質に変化する。箇条書きで見るとアホっぽくてちと笑える。到底武術の要訣とは思えないが、またそれがオモロイ。くそ真面目でなければ向上しないわけではない。プロセスごと楽しんでしまえばよいのじゃ。ふぉっふぉっふぉっ
posted by ゆりか at 13:39| Comment(0) | 日記

非力のプロセス

組手をしているとわかるが、脱力と反応力は比例する。強さや技術力は置いておいて、ただ単に打撃や崩しへの反応、攻撃の変化だけを取り上げると、力が抜けているほどよくなる。

反応がよく変化もできるとしばらくの間は隙ができるので、相手の攻撃ももらいやすくはなる。が、攻撃はもらうほど体に学びとるので、逆にそれが伸びる要素になる。


本当に脱力が身に付くまでは、見た目も結果もひ弱に見えることがあるが、おそらく最短で身に付けるにはこれがいい。

多くの場合はなにがしかの強さを求めて武道をやる。学ぶ過程のギャップに苦しいかもしれないが、非力であることは必要なプロセスだ。

もっともっと力抜かなきゃ。
posted by ゆりか at 09:44| Comment(0) | 日記

2020年10月26日

自然にそうなる

いやはや、先週は鬼滅三昧でした。お陰さまで血肉となりました。本日も心を燃やして生きております!

代表の重さがまた次の次元に入られたようです。しょっちゅう触れているので違いがわかります。でもいつも言われるのは「自然にそうなったんだ」という言葉。こうなろう、こうしようと具体的に思い描いて達成していると言うより、日々の積み重とたゆまぬ思いが季節の移り変わりのように至極当然結実していっているというような。

生きるほど、より良くなっていくっていいですよね。年齢と共に失うものもあれば、得るものもある。でも失うものにばかり気持ちを向けていると、手にしているものに気づけない。代表はそこのところ飄々と伸び伸びと加齢に順応して深化しているのだと、そばで見ていて感じます。受ける身としては、重さが増しているというより「ヤバさ」が増しております(笑)

今日も息をしている!心臓も動いている!ウム!最高だ!
posted by ゆりか at 08:51| Comment(0) | 日記

2020年10月24日

代表の呼吸

昨日代表が、今こんな感覚があるんだという状態を体験させてくれました。全身に呼吸が通るという体は、指先までミチミチで、触れると弾かれるような高密度です。こちらが飛びこんで攻撃したら、触れられただけでカウンターを食らったかのようなダメージを受けるのが想像できます。

「触れて終わらせる境地」にどんどん向かっておられるようです。

私にはまだまだわからない世界ですが、いつか「これか・・・」と思える日が来るかもしれません。

今日も生活すべてで脱力へ向かいます!

毎年季節が変わるごとに服がキツくなる。体重は変わらないが背中の発達がまだ止まらないようです。今冬はまた新たな着こなしを楽しみます。
posted by ゆりか at 10:52| Comment(0) | 日記

2020年10月23日

11月の練習予定

11月も水曜中島体育センター、土曜西区体育館で練習となります。

今年もあと二月で終わります。精進あるのみ!猪突猛進!猪突猛進!ブヒーーーーー(笑)
posted by ゆりか at 16:48| Comment(0) | 日記